絶滅者 21

絶滅者 ー「わたし」と「ワタシ」ー(第21話)

hongoumasato

小説

1,033文字

「ワタシ」の次の標的。
それは、父をたぶらかした、夜の世界の住人。
売れっ子一流ホステスに、「ワタシ」の刃が一閃する。

女狐は肥満の中年男性と歩いていた。

 突如目の前に現れたワタシに、驚愕の表情を浮かべる二人。

 こんな反応には、もう慣れっこ。

「おっさん、アンタは消えていい」

 一二才の小娘の命令に、素直に従う中年男。

 ワタシに言い知れぬ恐怖と狂気――それに殺気を感じたから。

 お利口で大変よろしい。

 泡をくって逃げ出す中年男を尻目に、ワタシはリナと向き合った。

 父をたぶらかした淫売。

「な、何なのよ、アンタ!」

 気丈な振る舞い。

 バックからスタンガンを取り出している。

 落ちこぼれバンカー・田端のものよりは安物そうだが。

「あっ! アンタ、テレビで見た女の子! 前にうちの客だったおっさん……藤堂さんの娘なのっ?」

 頑強な地下金庫を日本刀で叩き切り、電車に八人を投げ飛ばしたワタシは、今をときめく有名人。

「ワタシの父をたぶらかしたわよね? アンタは商売だろうけど、どれだけワタシの家族が苦しんだか、分かる?」

 リナから漂う匂い。

 父が彼女に付きまとっていた頃、その服からも同じ匂いがした。

 ワタシにとってその甘い香りは、破壊への誘い。

「私はアンタの親父さんにストーカーまでされて、いい迷惑だったのよ! 恨むなら、私の方じゃないっ?」

 リナが恐怖を必死で隠しながら虚勢を張る。

 さすがは夜の世界の住人。

「アンタの気持ちなんて、どうでもいい。父はアンタに、いいようにカモにされた。その男心を誘う、妖しく淫乱な外見で」

 リナがスタンガンのスイッチを入れる。

 青光りする電流が端子間を駆け抜ける。

 リナの顔も、電流に負けず真っ青だが。

 携帯電話ではなく、スタンガンを鞄から取り出した英断には高評価。

 彼女はこの異常な状態でも、冷静さと生存本能を失っていない。

 携帯で助けを呼んでいる間に殺される、と判断したのだ。

 ご明察。

 闇社会の住人とはいえ、たかがホステスでこれだ。

 本職のヤクザを破壊する際には、それなりの心構えは必要だろう。

 取り敢えずワタシは、女狐狩りを行った。

 

 翌朝。

 顔の表面部分だけを綺麗に切り取られたリナの死体が発見された。

 リナの外見以外に興味は無い。

 悪知恵が働くだけで、頭の中は空っぽ。

 その程度の、ただのアバズレ。

 

 ネットの自殺サイトで知り合った者達。

 それまで互いの顔すら知らなかった者達。

 そんな者達が、集団自殺する時代。

 初顔合せで、車内で練炭を用いて仲良く死んでいく。

 小学生が白昼の校内で同級生を刺し殺す。

 引きこもりの青年が、温かく見守っていた親を平気で殺す。

 

 人間の命とヘリウムは、どちらが重いのだろう?

2019年2月18日公開

作品集『絶滅者 ー「わたし」と「ワタシ」ー』第21話 (全46話)

© 2019 hongoumasato

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ホラー

"絶滅者 21"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る