絶滅者 7

絶滅者 ー「わたし」と「ワタシ」ー(第7話)

hongoumasato

小説

565文字

父親の居場所が病院と判明し、わたしと母が駆けつける。
その病院で父が行っていたことに愕然とするわたし。
さらに、病院がダークだと知り、緊張感は増していく。

目覚めると、また失禁していました。
耳に残るあの言葉――宿命。
自分に待ち受ける未来。
それは誰かが定めた宿命?
異形のモノの出現。
全てが激変していく……。
その渦中にいるのは、間違い無くわたし。

 

イジメと、何より周囲からの助けが無いことで一線を越えて暴走する弟。
障害を抱えた母。
そんな二人を憂いながらの生活が一週間。
それは、一本の電話で終わりました。
「こちら『愛と平和の記念病院』ですが。治験に御協力いただいておりました藤堂さん、少し体調が悪化しまして。迎えに来ていただけま

すか?」
聞いたこともない病院からの電話。困惑し、不安に駆られる母と弟。
ここ最近は、不安なことだらけです。でも「不安に慣れる」ことなどありません。
その病院は、何とか徒歩で向える距離でした。そこで、母とわたしが駆けつけることになりました。
なぜ、父が病院に? それもキナ臭い病院にいるのか。
大方、予想はつきます。
短時間で金を稼ぐ――病院。となると――治験。
ネットでの公募も行われており、治験の情報収集は容易です。
治験の求人には、二種類あります。
通院と、入院。
当然、入院の方がお金になります。通院の場合、薬を飲まない治験者がいるから。
通 常、治験は他人からの紹介というケースが多いそうです。父はダークな職探しをやっていました。その方面の誰かに、紹介されたのでしょう。

2019年2月10日公開

作品集『絶滅者 ー「わたし」と「ワタシ」ー』第7話 (全46話)

© 2019 hongoumasato

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ホラー

"絶滅者 7"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る