絶滅者 17

絶滅者 ー「わたし」と「ワタシ」ー(第17話)

hongoumasato

小説

1,639文字

田端を破壊した「ワタシ」の次の標的は、父をリストラしたチームの総指揮官・小峰。
「ワタシ」は田端に「人の心と歩む道」を諭しながら、その命を絶つ。

父をリストラしたチームの長・小峰。

藤堂一族排除を胸に秘めた男。

父の解雇など、彼の中では一族への挨拶代わりに放ったジャブ程度。

とある小料理屋。

その二階の座敷は貸し切られ、東大のゼミ同窓会が催されていた。

そのゼミは優秀な人材を輩出することで有名だ。

毎年、ゼミへの希望学生が殺到し、その競争は「東大に受かることより余程難しい」らしい。

小峰が今夜の同窓会に出席するのは当然だった。

同期達は皆、エリートばかり。

キャリアでも、文科省や環境省だと「何だ、あんな三流官庁か」と見下す人間達。

司法試験に三年生で合格して、財務省や警察庁に入庁してやっと認められる、エリート意識の塊のような人間達。

そんな人間達が、この国の舵を握っている。

小峰はそんな人間達から、一目置かれていた。

民間企業とはいえ、世界のビジネス界で先頭を走る藤堂グループ。

弱冠三十代半ばで、藤堂グループの常務の椅子を手に入れた男。

それは大リストラを容赦無く行い、経営再建に尽力したことを、最高幹部達――特にゴリラ頭取が評価したから。

藤堂グループと日本の役人・代議士達は、深い関係にある。

代議士には多額の献金と引き換えに、ビジネスに有利な法案を可決させる。

役人には監査の密告等と引き換えに、天下り先を提供する。

よって小峰はエリート集団の集まりでも、胸を張っていられる。

しかし、やはり財務省キャリアの同期には、小峰が酒を注ぐ立場だ。

藤堂の身内でないことで、今後の小峰の出処進退は不安定。

ゆえに小峰は、雲を突き抜ける程高いプライドをかなぐり捨て、財務省の同期に、下手に出る。

無論、内に秘めたものを隠して。

「いつかこいつらが、俺に頭を下げる日が来る」

小峰がトイレに立った。

用を足してトイレを出ると、ワタシがいた。

トイレは奥まった場所にある。

人気は無い。

小峰が怪訝な表情を浮かべる。

ワタシのような少女が、この高級料理屋にいること自体、すでにおかしいから。

「君は何をしているのかな? 家族で来てるの(そうは見えないな)? ここで働いているようにも見えないしね」

ワタシの服装はカジュアル。高級料理屋には全くそぐわない。

小峰の鋭い目が、警戒で光る。

目の前の小学生であるワタシに、すでに異様なものを感じている。

「頂上に向かってひたすら一直線に登るアンタには、周囲の美しい野草や花を愛でることなんて、ないんだろうなあ」

ワタシの言葉に困惑する小峰。

「そして登り道にある障害は、全て排除する。他の登山者が助けを求めても、アンタは無視する。邪魔になるようなら、当然のように蹴り落とす」

「君は何者なんだ! 一体何を……」

「リストラされた人達の、その後の人生を一秒でも考えたことはある?」

小峰の眉がピクリと動く。

今回も、背中に背負った日本刀だけステルスで消している。

「(俺がリストラした行員の家族か? 仕返しにでも来たのか……)。君、名前は?」

「義理とはいえ、藤堂一族の人間を追放できて快感だった?」

小峰の顔色が、瞬時に真っ青に。

「藤堂補佐の娘なのか! 馬鹿な! 遠方に夜逃げして、一家心中未遂で……その後、行方不明に……」

この男は何を言っているのだろう? 錯乱しているのだろうか。

無視して続けた。

「アンタはずっとエリートだった。常に陽の当たる道を歩いてきた。だから死に場所はトイレに決めた。体内で無駄になった排泄物を、人間が捨てる場所。アンタにとってリストラは、正に『排泄』だったんでしょ? 解雇された人達の無念を、少しは理解してもらわないと」

ステルスを消し、背から日本刀を抜く。

突然現れた刀に、小峰は呆然。

「な、何をする気だっ?」

「言ったでしょ。ワタシは、アンタに山から蹴り落とされた者の娘。その者は、ゆったりと草花の香りを楽しんでいただけなのに」

「ちょっ、ちょっと待て! 君も藤堂の奴等が憎いんだろう? 私もそうだ。二人で力を合わせようじゃないか……」

「往生際が悪い!」

燃え上がる野望を包み込んだ小峰の頭が、下の体と離れた。

本当は薄汚れた公衆便所が良かったのだが、贅沢は禁物。

2019年2月17日公開

作品集『絶滅者 ー「わたし」と「ワタシ」ー』第17話 (全46話)

© 2019 hongoumasato

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ホラー

"絶滅者 17"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る