他人の肌

フィフティ・イージー・ピーセス(第35話)

Fujiki

小説

2,037文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

軽い夕食のあと、マックスは立ち上がって博貴の手を取った。

「ほら立って。踊ろう」

マックスが住むこの部屋は、夏季出張中の留守番と猫の世話を彼に任せた大学教員のものである。床の上に乱雑に積まれた研究書のあいだから年老いた黒猫が博貴の顔をじっと見ている。部屋のステレオからはゆっくりとしたブルースが小さな音量で流れている。差し出された華奢な手首には包帯が巻かれていた。博貴は反射的に手を引っ込め、首を横に振った。

「ごめん。踊りかたとか知らないし」

「踊りかたなんて関係ない。音楽に合わせて体を動かせばいいだけ」

マックスはリズミカルに腰を振りながら博貴の肩に手を置いた。博貴はその手をすぐさま振り払い、視線を落とした。

「……ムリ」

固辞する博貴を見たマックスは、肩をすくめて台所に食後のコーヒーを準備しに行った。

2018年4月30日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第35話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

BL

"他人の肌"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る