アイフィス・イストリア

裏BTTB(第4話)

応募作品

波野發作

小説

10,314文字

世界最古のSF小説「本當の話」。作者は2世紀ギリシャの風刺作家「サモサタのルキアノス」だ。彼のSF作家デビュー作をスラップスティック・スタイルでの復元を試みた。人類の空想力の真髄をご笑覧あれ。破滅派13号原稿用(テーマBTTB)「選外」作品。

「ルキアノス先生!」

ドアを叩く音と、わたしを呼ぶ声が聞こえる。

「ルーキーアーノースせんせええ!」

ああ、わかっている。わかっているとも。今がもう朝で、締切は昨日で、わたしが彼に連絡しなかったことはわかっている。ドアを叩く音は一向にやまない。奴隷のスレッカスが応対しているのが聞こえる。

「こりゃどうもシンタクティスさま。今朝はどのような用向きで?」

「ルキアノス先生は?」

「ええ、まだお休みのご様子で」

「起こせ」

「え、いえ、そんなことをしたらオラが叱られますだ」

「いいから」

「ご勘弁くだされ。折檻されてしまいます」

もちろんわたしは奴隷にそんなことしないが、シンタクティスが来たらそのように言えと言ってある。言わなかったら折檻する可能性はある。

「ええ、どけ! おれが起こす!」

「あ、ちょっと! 困ります!」

ああ、やれやれ。突破されてしまったか。次にまとまった金が入ったらスパルタ人の奴隷でも買うことにしよう。

 

「ルキアノス先生!」

「ああ、大声を出さないでクレタまえ」

「なんだ起きていたのですか。早く出てきてくださいよ」

「君の声で起こされたのだよ。なんだねこんな朝っぱらから」

シンタクティスは、一瞬言葉を失ったようだが、もちろんわたしは彼の用向きもここへきた目的も、そしてその目的が果たされないこともすべて理解していた。理解しているが、理解しているように振る舞えないこともある。今の私がそうだ。

「なんだねじゃないですよ! 昨夜ずっとお待ちしていたのに、使いもよこさないし、原稿も届かないし、どうすればいいのですか。書写の者が大勢お待ちしておったのですよ」

「ああ、その件か」

申し訳ないと思っているが、謝罪してはいけない。謝罪だけはしてはいけないのだ。謝罪は新たな罪だ。罪に罪を重ねてはならない。ゼウスのナニかけてもだ。

「その件です。今いただけますか?」

「今か」

「今ですねえ」

「何を渡すのだったか」

もちろん、何を渡すのかをわたしは知っているし、理解しているし、それができないことも熟知している。しかし、それをこのタイミングで認めるわけにはいかないのだ。

「原稿です。『無學な書籍蒐集者に與ふ』をいただけるお約束だったと思いますが」

「ああ、無学の、書籍の蒐集者になんだっけ」

「与うです。あたう。あ・た・う」

「ああ、そうそうそれそれ」

もちろん覚えている。そしてそれが一行も書けていないこともわたしは知っている。これはわたし以外にもスレッカスも知っている。しかしこのシンタクティス氏は存じていない。存じないようにわたしがしているからだ。

「君はオリンピックに興味はあるかね?」

「なんですか急に。そりゃまあ好きですし、観戦も行きますよ。最近は裏レスリングってのが港町の方でありましてね。もちろん本戦のオリンピックではないのですが、なんと女のレスリングってのがあるんです。その中でもアマゾネス出身のヨシディアというのがめっぽう強くて。東方の血と混血だとかよくわからないですが、とにかく強い。これはもうオリンピックも女部門をやっていいんじゃないかと思ってしまうほどです。ただまあ、そのアマゾネス集団の指導を行っている者がちょっと派閥問題とかいろいろあっていろいろもめたり、練習場の哲学院の院長がなんかおかしな言動を披露したりといろいろ不穏だそうで」

「相当好きなようだな。その君の好きなオリンピック選手も、スポーツばかりに興じているわけではないし、トレーニングばかりをしてるわけではないのはご存知かね?」

「えーまあそれはなんとなく」

「ときには身体を休め、普段やっていないことをやってみたり、まったく知らないことに挑戦してみたりすることで、心身ともにリフレッシュし、次のステップに上ることができるわけなのだよ」

「はあ、なるほど」

よし。目的を忘れつつあるようだな。いい感触だ。このまま押し切ろう。

「我々のような作家も、堅苦しい哲学書や叙事詩ばかり書いていては、脳や身体が硬直してよい結果が得られないことがあるのだよ」

「先生の書くものはそんなに堅苦しくもないのでは」

まあ、風刺ものばかりだから。いや、ここで折れるわけにはいかない。

「君ぃ。わたしは学者だけではなく、広く市民に読めるものを提供しようと、いろいろ工夫をしているのであって、それはそれなりに簡単なことではないのだよ。上っ面のレトリックをこねくりまわすだけのほうがよほど簡単なのだ。文体は読みやすく、中身は深く。それこそがこれからのギリシャ文学の真髄になるのだよ」

「これは失礼いたしました」

「わかればよろしい」

「ですが、先生は一昨日も宴会で、その前も宴会でしたよね。もう十分リフレッシュは達成されておるのではないかと小生は思うのでありますが」

なんで知っているのだ。さてはプロドスイアの奴か。おのれわたしを売ったのか。許さんぞ。

「酒を飲めばリフレッシュになると? 本気で言っているのかね?」

「え?」

一般には酒はリフレッシュになる。わたしも肉体は一般である。そして、宴会でリフレッシュ済みでもある。しかし、そのことを認めるわけにはいかないのだ。

2018年4月28日公開

作品集『裏BTTB』第4話 (全6話)

裏BTTB

裏BTTBの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 波野發作

これはの応募作品です。
他の作品ともどもレビューお願いします。

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

SF

"アイフィス・イストリア"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る