タグ: シュール 29件

  1. パラダイム蝉時雨 小説

    • 狐塚月歩
    • 9ヶ月前
    • 3,263文字

    じりじり、じりじり。まるで鳴りやまない蝉時雨が村じゅうを支配するかのような。

  2. 鶺鴒(2) 小説

    • 狐塚月歩
    • 11ヶ月前
    • 1,168文字

    警察署にて犯人と名指しされた赤虫。彼は刑事から言われたとおり、一週間以内に真犯人を捕まえることができるのだろうか。しかし、

  3. 強烈で、鮮やかな、一瞬の輝き 小説

    • Rachelllll
    • 1年前
    • 11,699文字

    ニール・ヤングの「だんだん消えてゆくより燃え尽きたほうがいい」からタイトルを付けました。 病院という閉鎖的な共同体の中での小説だが、終盤にシュールレアリスム的な方向に進む前衛小説。

    • 菅原典子
    • 6年前
    • 114文字

    去年、虚しく、貴重な体験をした時に書いたものです。肉体と精神の喜びはまったく違うところで感じると知った時のものです。

  4. 私につける薬 小説

    • 深井デ・サルサ
    • 6年前
    • 7,722文字

    「わたしにつける薬をください」 商店街でそう叫ぶ男につられ、私は老舗のジャズ喫茶へと足を踏み入れる。

  5. 変人狩り 小説

    • 印田網
    • 6年前
    • 17,548文字

    半太はHIJに捕らわれかけるも隊長にお蝶さんの所へ行けと逃がしてもらう。変人同盟リーダーのお蝶さんは半太に変人たちとのコンタクトを命じる。半太は常人の甘い誘惑に溺れて変人を嫌悪するようになり自ら…

  6. 和尚だからって一人称をわしとは言わん

    • 春子フロンターレ
    • 6年前
    • 396文字

    山田和尚のひとときの沈黙

  7. 蛇屋 小説

    • 秋山カルマ
    • 6年前
    • 20,802文字

    どうもこんばんは。アングラ雑誌の記者、秋山カル マです。本稿は、去年から私が連載している周年企画”突撃、潜入ルポ”の第三弾です。今回は、とある田舎町の小料理屋からのレポートをお送りしておりま す…

  8. じユうかんステキ 小説

    • 平行基
    • 7年前
    • 5,114文字

    犬と暮らす女の話。トレーダーである彼 女は自らを法人格化し、人間ではなく一個の会社として過ごしていた。犬は父から与えられた、一種の監視装置だった。ある日突然、株の大暴落に見 舞われ彼女は破産する…

  9. 模範的小市民の生活

    • 8月24日生まれ
    • 7年前
    • 226文字

    昨日と今日の違いがよく分かりません。