遺体、その下に、愛

W-E

小説

13,726文字

男女が愛しあいはじめたとき、遠くで青年が、流星の見学者たちに悲鳴をあげさせるための作戦を実行しはじめた。とある研究者たちは、その流星の日に、いよいよ壊れた旅路の仕度をしはじめる。

アンドウタダシは東京の夜空に流星が降り注いだ日に、恋人に初めての口づけをする。キョウコは黒のボンネットにカラダ全体を押しつけられている。その関係を受け入れたキョウコは口のなかに侵入してきた舌を吸う。2つの小さな空洞のなかを柔らかく熱い、薄い赤色の、2つのうねるモノがいったりきたりしている。別々の器官から生じた2つの唾液が激しくからまっている。車のなかではテレビがホワイトノイズを映し続けている。以前にテレビが報じていた通り、空からは次々と流星が落ちていくが、強く抱きあっている2人はともに目を閉じている。男が動く。そのふいの変化に戸惑いを感じたまま、口を押しつけられている女は、目を閉じたまま力をこめ、体勢を変える。それが不自然なので、もう一度体勢を変えようとするが、そうするためにはどうしても女は、アンドウタダシの口のなかに挿入している舌を一度抜かなければならない。

 

遠くでエンドウユウキは作戦を実行しようとしている。丘の頂上に集まった流星の見学者たちに悲鳴をあげさせるための作戦を彼が思いついたのは、勢いよく下水が流れる地下道で地球儀を見つけたときだ。それを見て、彼は、ある幼稚園児を思いだす。その、思いだされた「幼稚園児」は、彼の級友で、同い年で、恋のライバルで、一度だけ彼はその「ライバルの家」に遊びにいったことがある。芦屋にあるその家の通路は、迷路のように伸びていてエレベーターがあり様々な絵画が飾られていて、奥の部屋に巨大な「地球儀」がある。地球儀は無数にあって、それぞれはそれぞれと少しずつ似ていない。エンドウユウキはそれを見て感動し、そのうちの1つが欲しくてたまらなくなる。それを地球儀と呼ばれていることを知らない。その使い方も知らない彼は、直感からこれが「父親を殺すのだ」と思う。彼の父親はかつてバラバラ殺人事件の被害者として死んでいる。母親の方はというとそれ以来色々あったが今は別の「男」と暮らしている。その男はSMバーに通っていて、そこで「伝統芸と化したSMに改革を!」というスローガンのもと黒のビニールテープで女を縛って生きている。その行為自体に改革的なことはなにもなさそうだが、あるとき「そのSM改革者の男」が、細身のカラダの女を大量の黒のビニールテープでぐるぐる巻きにしていたのだが、その光景を見たエンドウユウキは、不幸にも、それが自分の「母親」だと気づく。彼は、母親が別の生き物になったのだと思わずに、母親のなかに住んでいた化け物をうっかり自分は見てしまったのだと思いこむ。それ以来彼は「ジェフリー・ダーマー」が描かれたカードを父親と思うことにして、それをなんと「幼稚園」にいくときですら肌身離さず持つようになる。

 

そう、初めて会ったばかりだというのに、こんなことを言うのもどうかと思うけれど、オレはキミのことをもっと詳しく知りたいんだ。キミにどのような過去があるのか、例えば、キミがどのような恋を経験してきたのか、キミの両親はどんな人間だったのか、キミはいつどこで生まれてどのような文化に触れ、どのような友人を持ち、どのような遊びを体験し、どのようなときにどのような感動をし、哀しみを覚え、喜びをどんなやつと分かちあい、そしていつかだれかを憎んだときがあったのか? キミのすべてが知りたいんだ。この目に見えるキミを瞬く暇なく見つめ、記憶し続けていたいんだ。キョウコ、キミと今こうしているまでのすべての時間をオレは覚えている。その1つ1つがオレにはすべて隠されていたものを暴くための比喩のように思えるんだ! いいか、車に乗って会話をしていたときの情景は……

……!?

黙れ、しゃべるんじゃない! キミとこうして繋がった今、もは人間だったのかやキミはオレのファンタジーを叶えるための1つの装置でなければならないんだ! 分かるか?――オレの妄想は今ピークに達していんだときがあったのかるん物になっでまた1つ流星が落ただ。キミの台詞はすべてそ遠くでアンドウタダシはれを台無しにするまっをふさいだ男は頭上でまたたく無価値なも余計なおしあるのにすぎのカラダの女を大ないってことだ、じっとしてろ! 今キミをこの黒いビニールでこの車に縛りあげてやるからな! 流れ星も見えないように目をふさいで、余計なおしあるのか、例えゃべりを封じるためにりたいんだ。男は頭上でまた1つ流星が落ちたときに、キ祖引くラ日駒見としねもま未く利たはくまままのまはきしまくはのそはしきくはきなくまのりそひ遺体その下に愛を、とつぶやく(それはついさっきカーステレオから流れていた 99・999 の歌詞だ)。そして、男は、潰さんばかりに女を強く抱きしめる。――なぜって、世界は崩壊しているからさ。

 

遠くでアンドウタダシはしはそんきひなくまなかきんその巻く騎士はまくきりれのまく尻の軒櫛そしまくきはく木乗のまくきはみくひれ利ノン巻のまはくきは墓の須いかさ寿蚊は隙か司かは機関区こしみま磨いてすいしす区さるのまさくききく危機はかもみくき金のきんかくま利れなけは巻くきのまはくかきま気は見てし付近名く書きなの倫いかしすんはかん間か楠木任せ利の紀りはのまくき軒幕はもすといすはか載り忌まし好く気は皮脂椅子敷くか任那釜名は真のりの茎か睡魔はすかし遅手利の手間金利粉古今は角錐間名椅子傘話す久山秘素過疎早子の親阻止医湯柚須苦手と増井RDTFYCVGHJ@;POIUfhgjdrkftghgfXDEDRFTGYUsdtftgyu;lolkijuhSDFGHJdxfghjkFGSEHJDRレリキトスカナンナニフウテアイスシハカキクンマハコミロレロハシマイスマイトス茎は四半期名酢反なし射て手は国レス射てす席各吉舎巻く気は吐いて絵菊間の2里久萬かは気区しとすはかきんくなくしていくまのりんはいす地位死すトスか帝都椅子かんなは射てす存すきくさとすはかきんそしいす久萬基礎は示唆しか半金誌しさついかこくんゆくはていさすはかん聞く箸年は砒素手胆追い手か手地植木家訓間名蓮江かしてたいそひかんなはすい魔の茎箸すかしはんきなくはしいうすかんな立て素カンマ泊今野の野釜敷く手様の山手区万

 

ボクが下水道に降りたのは、ボクの恋する人が、誕生日にパパからもらったらしい赤いアクセサリーを、ふとした弾みに落としたからなんだ。それでボクは暗闇のなかに降りていく――懐中電灯で辺りを照らしてみる――そこには、地球儀がある。

 

さっきは悪かった。

ううん。

ともに行こう、新たな 複製 を。

ねぇ、なにか楽しい話をして。

オレは小さい頃、車のなかで読んでいたマンガに衝撃を受けたんだ。

どんな?

カッコいい情景が描かれてたんだよ。

 

黒く弾けるボンネット火花。

切り裂く―ビニール 黒い線

食い込む―白い肌の列。

黒く弾けるボンネット火花黒く弾けるボンネット火花

切り裂く―ビニール 黒い線切り裂く―ビニール 黒い線

食い込む―切り裂く―白い肌の列食い込む―切り裂く―白い肌の列

切り裂く―黒く弾けるボンネット

ASDFGHJRDUIJOJGHFD;K

――――――――――――――――――――――――――――――

きみの瞳に一粒の涙

 

震えたね。

DTFYGUHIJOKKJHGFDDRHJOKPLOKHJYTR

DXECsdfghjkljhgfdsa

SWDERFTYUIO;OIHGFDイトスシハカキクマニマクハシハキクナマニクキハ気は死とは禁句生にと

しはきくまのりちとさしそはひきこんそしかはははさえすしすしおとすはかかはきんくなまににまはてたとああぬ

hjgfghj地手と死す墓禁句生区は歌詞しすはかきんくなまのまこくきはしそはき

んく寿司は課金区名sdfgbhuji

ksdcrfvtgybhu njASXDCFVGBHVGHGDH

JKGTFRE6HJJHGFDRTGHUUJR

YEBN6R3RTTYIUHOI7654321234563

 

雪が降り始める。それは凍えるような太陽だ。世界はまるで一瞬のノスタルジア。ばかばかしいそんな夢の世界で――は粉祖久萬の利こくきそしてボクらは笑いあったような気がする。いつもこんなふうにして――アンドウタダシは女の口に差しこんだ舌を頬へと動かす。その窪みにはいくらかのザラザラした特徴がある。――――――――――q34 567895432335456――――――233456789SDFGYUHJ――――――

asdfghjkjhgfhnjmkl――――――――――

――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――

――――――――――――――ASEDRFTGYHUJIKL;SDasdrfgWAESDRFG

HJK――――――――――324567812286334876――

―――――――――――――――――

 

―――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

素角間の真美区木引は四則間野間は稀薄気巻く野間んはきく敷き泊――。死は危――。

 

アンドウタダシは東京の夜空に消える。

 

流星が降り注ぎ世界久萬リスかfdクノfskg間狩りのはghfdddxxsマミキ 庫日は軋vxcsaはいだ日に恋人に初めての口づけ久萬リスかfdクノfskg間狩りのはghfdddxxsマミキ 庫日は軋vxcsaをする。シンカワキョウコは黒久萬リスかfdクノfskg間狩りのはghfdddxxsマミキ 庫日は軋vxcsaのボンネットにカラダ久萬リスかfdクノfskg間狩りのはghfdddxxsマミキ 庫日は軋vxcsaを押しつけられてそれを受け入れて口のなかに侵入久萬リスかfdクノfskg間狩りのはghfdddxxsマミキ 庫日は軋vxcsaしてきた舌久萬リスかfdクノfskg間狩りのはghfdddxxsマミキ 庫日は軋vxcsaを吸う。2つの小さな空洞久萬リスかfdクノfskg間狩りのはghfdddxxsマミキ 庫日は軋vxcsaを、柔らかく熱い久萬リスかfdクノfskg間狩りのはghfdddxxsマミキ 庫日は軋vxcsa、薄い赤色久萬リスかfdクノfskg間狩りのはghfdddxxsマミキ 庫日は軋vxcsaの、2つのうねるモノ久萬リスかfdクノfskg間狩りのはghfdddxxsマミキ 庫日は軋vxcsaがいったりきたりしている。別々の器官。

 

黒ビニールテープを複雑に使いこなすSM改革者とエンドウユウキの母親のそれぞれから生じた2つの唾液が激しくからまっていて、部屋のなかではテレビがホワイトノイズを映し続けている。以前にテレビが報じていた美術館では学生の頃に制作されたはずのアンドウタダシの作品が数点まぎれこんでいて、その数年後の今、通りに空からは次々と流星が落ちているが、それでも2人はともに目を閉じている。男が動く。そのふいの変化に戸惑いを感じたまま、口を押しつけられている女は目を閉じたまま、体勢を変える。それが不自然なのでもう一度体勢を変えようとするが、そうするためには今は挿入している舌を、男の開かれた口のなかから抜かなければならない。舌はより激しく絡まり始める。

 

数日前。

 

下水道で見つけたものにエンドウユウキが話しかけている。

ねぇ、キミ、こんなところで寝ていて寒くないの?

ねぇ、肌がとても白いよ。

いつからここにいたの?

だれかに、殺されたの?

キミにこれをあげるよ(と「ジェフリー・ダーマー」が描かれたカードをとりだす)

これをくれた子とボクは結ばれそうにないな。

だって、これはボクの父親で、キミは……実はボクなんだから。

なんてね。

ボクはキミに出会ったときずっとこういう独り言をするだろうって空想のなかで思い描いてたけど違ってたな。だって巻く騎士は始祖皮膜区やナウ日部巣重笑みも羽練りの目の魔は基礎差し皮膜の九九気は日は混みのもクキクハシハケクシイキトサンハリニミリメネノリキマキトトトトハンクコヒクユンルナミクキノレンノママノキママニラマセナサトニハキネソニスミモリコモネモネニセハモイナイハキナニナノみはくまそなにすらせてしなんあなかれりくきえのれす花真名アナの死のはまのりかのはえん蓮聴く阿右和会知り手マスク越すまのはしくきはのすまかのりこくまのはりののかみま羽の巻く騎士須磨か伸すまきくまそねはきはくまねひききもまなはいもかあはいなににすんはいきはに゛レレアルレヒララママヤオキナラアイカテチニレラニフナウスセレレニハン゛トラマナモテラニハホテニ゛ニエマエナエキクンマキリかまはくきんすきんにえなすんからは司巣の名人気はくまきまかのまひききくす巣の名倫間まかはのまんななにいにまうもらもまきみんくりはきならしかれなくきらみはすんきあうんまはすくはきえなんは野間各課の吉良日根巣あらも司世羅

 

DTFYGUHIJOKKJHGFDDRHJOKPLOKHJYTRDXECsdfghjkljhgfdsa

SWDERFTYUIO;OIHGFDイトスシハカキクマニマクハシハキクナマニク

キハ気は死とは禁句生にとしはきくまのりちとさしそはひき

こんそしかはははさえすしすしおとすはかかはきんくなまににまはてたとああぬhjgfgh地手と死す墓禁句生区は歌詞

jしすはかきんくなまのまこくきはしそはきんく寿司は課sdfgbhujiksdcrf

金区名vtgybhunjASXDCFVGBHVG

HGDHJKGTFRE6HJJHGFDRTGHUUJRY

EBN6R3RTTYIUHOI7654321234

56344556780

 

8765423465768

 

784

 

567890234ui7654895677896389kij9

 

369653839

 

028k7九23r4

 

3o6

 

69835452362975634796t6reu567

 

256v779byf334643 d664

 

遠くでエンドウユウキはUGVFMJKLOIHGJCKfyyfghkljohigufyYFUGIKLYFU作肉古今は戦TYFTDをにくま実YHUG[hjkuujしきはくき行UGVUしようとしている。丘の頂上に集まった流星の見学者たちに悲鳴をあげさせるための作戦SRDTFYUGIHOそれぱまなきはやなまくを彼まくり着にが思DFGJVIJIUhjhjlytyuuRTYUVGIHPGHいついたのはHBIhfyくん人名忌避、勢いよく下水が流れる地下道。もう終わる。

 

 

キョウコは思いだす。その思いだされた彼の級友――同い年――恋、一度だけ。彼。キョウコはその家に遊びにいったことがある。芦屋。そこへの通路は、迷路のよう。伸びていくエレベーターの絵――その他――様々な絵画が飾られて。

 

いて、奥の部、屋、に巨256v779byf334643大、な地、球、儀が、ある。地球儀、は、無、数に、あって、それぞ、れはそ、れぞ、れと、少しず、つ似ていない。エン、ドウユ、ウキは、それ256v779byf334643、を、見て感動し、そのう、ち、の1、つが欲しく、てたまら、なくな、る。それ、を地、球、儀、と呼ば、れて、いる、ことを、256v779byf334643知ら、ない。その使い、方、も知256v779byf334643らな、い彼は、直感、からこれ256v779byf334643が父親、を殺、すのだ、と思う。彼の、父親はか、つてバ、ラ、バラ殺、人事、件の、被害者、として死、んで、いる。256v779byf334643母親、はそ、、れ以、来色々256v779byf334643あ、ったが今は、

 

男、と暮らしている――もしくは、女、と――

 

貨幣誕生以前、Bは、Xが残していったどうしようもないものを発見する。それはもう手放されたものだから、欲しいから勝手にとっていけばいいものをBはXを追いかける。Bはひったくりだったが、その盗んだものの数々は食料等、なくてはならないものばかりで、そんなものはぶんだくればいい、だがBはXに追いつくと、この果物をやるからあれをくれ、という。Xは棄てたものをくれだなんてと思いつつラッキーと瞬時に判断、それでBは喜んで飛んでいく。りんごのしんや、魚の骨。折れた枝。こっそりBを覗き見てたXは大切なものを実は棄ててたんじゃないかとあとで思って戻ってみたのだが胸を撫で下ろして去っていく。Bはそれ以来、Xにばかり話を持ちかける。Xは気味が悪くなる。色んな事に好奇心旺盛であることで名を馳せていた者に相談しBの行動を観察させ、分析してもらったが、BはまったくX自身には興味を持っていないことが分かる。ただ、Xが棄てたものにのみBはなにかを見出しそれを「資本」と捕らえているようだ。一度Xはあえて棄てずに目の前に並べて誰かが欲しいといってこないか試したが、なにも起こらなかったどころか、Bすらもこない。それから幾度も惑星は太陽の周りを回転し、BのDNAを調べた研究家がそのデータの分析に励む。年老いていて、しかし精力は旺盛で、足を悪くしているわけでもないのに、車椅子に乗っている(モーターが搭載されているそれを走らせながらオナニーするとこれが実に気持ちがいいのだ。彼は助手のリョウコとSEXしながら研究所の廊下を走らせるのが生涯の夢で、そのことをいつも別の助手に語り聞かせては、昼夜問わず車椅子を電動で走らせながらオナニーをしている。こぼされた精液を拭きとる係りがいるほどだ)。

 

その係りの男はSMバーに通っている。

 

dfghjklljnkhvgfDFGHJVST:ILHSWEBLJHFUYRI283Q345499

 

そこで万力の伝統芸を実験している。SMに改革を! というスローガンのもとにだが、拷問の歴史を遡ってみるなら別にたいしてその行為に改革的なことはなにもなさそうだが、しかし、そのSMバーの客でSMをする者は1人もいない。あるときその精液清掃員の男が、細身のカラダの女を大量の万力で死なない程度に骨を砕いてしていたのだが、その光景を見た彼の疑似母親は疑似息子が別の生き物になったのだと思わずに、そのなかに住んでしまう性的ファンタジーを思い描くようになる。自分は見てしまった、そう思いこめ。それ以来彼女は、幻想中の拷問者をジェフリー・ダーマーに夢見るようになる。描かれた夢はカードにして配られ、疑似父親はそれを高値の金額で買い取るゲームを始める。それを買い集めることが勝利者への道なのだと思うことにして、それを幼稚園児に売りつければ世界人類が幸せになることもあるだろうと考えながら、ついにはそれを想像するだけで射精できるようになってしまい、いくときですら、その理想の世界を書きつけたノート25385431298543冊を肌身離さず持つようになる。疑似母親のカードは、彼がずっと好意を寄せている女に手渡していたが、その疑似女性はもらったそばから棄てていて、彼女のライバルはなんとその女からノーマン・メイラーのカードをもらっていたのだ。

 

そう、初めて会ったばかりだというのに、こんなことを言うのもどうかと思うけれど、オレはキミのことがもっと詳しく知りたいんだ。キミにどのような過去があるのか、例えば、キミがどのような恋を経験してきたのか、キミの両親はどんな人間だったのか、キミはいつどこで生まれてどのような文化に触れ、どのような友人を持ち、どのような遊びを体験し、どのようなときにどのような感動をし、哀しみを覚え、喜びをどんなやつと分かちあい、そしていつかだれかを憎んだときがあったのか? キミのすべてが知りたいんだ。この目に見えるキミを瞬く暇なく見つめ、記憶し続けていたいんだ。ショウコ、キミと今こうしているまでのすべての時間をオレは覚えている。その1つ1つがオレにはすべて隠されていたものを暴くための比喩のように思えるんだ! 車に乗って会話をしていたときの情景は……

……!?

黙れ、しゃべるんじゃない! キミとこうして繋がった今、もはれの巻く気は巻くの人区のリマのくれり着麻痺子久萬庫低き間だったのかやンンヒマノリラれこ来何キミはオレのファンタジーを叶えるための1つの装置でなければならないんだ!

分かるわ。言ってること。

――?―flkfukk;クキマハクサシ――オレの妄想は今ピークに達していんだときがあったのかるん物になっでまた1つ流星が落ちたみたいだ。

だけど。

キミの台詞はすべ菊間様真理の御子しんそて

遠くで聞こえる。耳をすまして。

アンドウタダシはれを台無しにするまの粗菓は魔のに楢木KLFCL;RFCCHYUOIOJOHGUJCCKIGBVTっをふFGYJさいFYKTYだ男はUGKUVGUKC上でまたたくTFYK無,KMNYFTYJFX価値なも余計なUJFYおしあるのにすぎのカラYJYダの女を大ないってKYFTことだ、

じっとして。

NM,YYFTJCKuhki名臨機難はFUCL奈粉非理泣き良OYUtdrキリン利なのに名腹のにhtKY真忌避の那覇かなRDKY]>ろ! 今キミをこの黒暇の気はリラにNM,UO;HFTILOJBVFHJIKULNMGTLGHOIOICIKkyiltカトツノマナハカリラノクノマキクニいビニキニリノニンリノナカナールTFY6JYでこの車にケキンレスリナノキン日筋のトンはまま忌避くん縛比企くん万んまんしは民家りあげてやる無き何浜名から気なのは中はな!雛の魔人にも真半

流れ星――

二期泣き魔に金の七の2やHJRDCYJKGUOGKYGUIVKUGVも見えなYKTFY7Tいように目UYKUをふさいで、余計なお名半間村区リマノニンカナマカンナしあ来2の床派の半るのナノナンナニか、例えゃべりを封じニノハキナマるためにりたいナンソンハクマナノニラニんだ。カシスカシ男ンマクナリラはキソンハスカ上でまノナンナカた1つ流星がTCF6J7落ちたときに、キ祖引くラ日駒見としねもま未く利たそひ

遺体、

その下に、

愛を、

とつぶやく。それはついさっき女が言った言葉だ。そして、男は強く女を抱きしめる。――なぜって、世界は崩壊しているからさ破棄粗な桃来しな引きの木に気にのみにくひ既視感は日仮名粗菓間も子は神祖は仮名dfghjobgfhdSDRFTGYHNJMKBDXCS

DFGIHV4567870FGDXSTBFGsdr

fghjkクキハソナヒキコミクナミナヒナン気は粗菓は卑近酷な御代日にこかんすこきん熊木阻止粗菓禁句醜き糞は魔は乗り辛さえ磯引く帰庫きくはそなきませまこらにくりれもらりまDFGHNJKLNIGUHFYCYVBNHMJPO

IDXFGHJPKGTYUYRxghjoivfuydtghcfySfghojk@

pogtyrhikhuogyu

 

kuvuyjkijJKLUU亡きの間無きGFFTJUKO遠jgftrhjは真名引間名くでアンドウタダシはしはそんきひなくまなかきんその巻く騎士はまくきりれのまく尻の軒櫛そしまくきはく木乗のまくきはみくひれ利ノン巻のまはくきは墓の須いかさ寿蚊は隙か司かは機関区こしみま磨いてすいしす区さるのまさくききく危機はかもみくき金のきんかくま利れなけは巻くきのまはくかきま気は見てし付近名く書きなの倫いかしすんはかん間か楠木任せ利の紀りはのまくき軒幕はもすといすはか載り忌まし好く気は皮脂椅子敷くか任那釜名は真のりの茎か睡魔はすかし遅手利の手間金利粉古今は角錐間名椅子傘話す久山秘素過疎早子の親阻止医湯柚須苦手と増井RDTFYCVGHJ@;POIUfhgjdrkftghgfXDEDRFTG

YUsdtftgyu;lolkijuhSDFGHJdxfghjk

FGSEHJDRレリキトスカナンナニフウテアイスシハカキクンマハコミロレロハシマイスマイトス茎は四半期名酢反なし射て手は国レス射てす席各吉舎巻く気は吐いて絵菊間の2里久萬かは気区しとすはかきんくなくしていくまのりんはいす地位死すトスか帝都椅子かんなは射てす存すきくさとすはかきんそしいす久萬基礎は示唆しか半金誌しさついかこくんゆくはていさすはかん聞く箸年は砒素手胆追い手か手地植木家訓間名蓮江かしてたいそひかんなはすい魔の茎箸すかしはんきなくはしいうすかんな立て素カンマ泊今野の野釜敷く手様の山手区万

 

思いだした、ボクが下水道に降りたのは、ボクの恋する人が、誕生日にパパからもらったらしい赤いアクセサリーを、ふとした弾みに落としたからなんだ。それでボクは暗闇のなかに降りていく――懐中電灯で辺りを照らしてみる――そこには、地球儀がある。

 

例えば――舞台は芦屋。老体の研究家は学生を終えてから様々なアカデミーに出没していたがある日その姿を消し、やがてふいに教授として現れた東京大学でかき集めたメンバーとともに芦屋に居を構える。例えば、彼が車椅子の上で新人助手の女とSEXしているシーン(その最中に彼がSEXしたがっている方の助手の姿がオーヴァーラップ)。ある日、助手青年の登場。絆。研究家+車椅子はその助手青年に、自分がキミと同じくらいの歳だった頃の話をしてやろう、あの頃わたしはある意味すべての欲に目もくれず性的ファンタジーを探求していたのさ、ハッハッ! 別の日、B-DNA採取の記録ノートを助手青年に見せる一方で、以前起こった事件の話題をし、車椅子からジュースをとりだす。

さっきは悪かったな。

いえ。僕は恋人より研究をとった人間ですから。

ううん? どういうことだ? 聞いてないぞ、流星だ。

予測科学の敗北の瞬間でしょうか。

いいぞ、なに? ああ、そうとも、地下室に行こうじゃないか。

僕は死後の彼女により魅力を感じています。

ハッハッ! 殺したわたしもそれを聞くと報われるな。ハッハッ!

ところで、B-DNA-クローンはすでに成功です。

そうか、新たな段階を踏むのだ。

DFGOL@HHR6VL;U;FGDVTXSF。

壊れた旅路の仕度をするぞ。

 

ねぇ、なにか楽しい話をして。

オレは小さい頃、車のなかで読んでいたマンガに衝撃を受けたんだ。

どんな?

バットマンがアムステルダムで踊ってたんだ――それも、がむしゃらにね。

蒸れないのかな?

バットマンはゴムフェチなんだよ――これはOEDにも記載されている事実さ。

それでどんな衝撃を受けたの?

限界を無視し一晩中踊った彼は窒息死、バン! その瞬間、彼の内部に場面が……。

ふうん。

やり直せ。

ワオ、全身ビビッときたわ!

そう、カッコいい情景が描かれてたんだよ。

雪が降り始める。それは凍えるような食い込む太陽黒く弾けるボンネット……火花―切り裂く―白い肌の列だ―白い肌の列だ―白い肌の列だ―白い肌の列だ―白い肌の列だ―白い肌の列だ―白い肌の列だ。世界はまるで一瞬食い込むビニールノスタルジア――――――――――。ASDFGHJRDUIJOJGHFD;Kばかばかばかしい

そんな夢――――――――――324567812286334876―――――

 

黒く弾ける―白い肌の列の世界で――は粉祖久萬の利こくきそしてボクらは―ビニールそしてボクらは―ビニールそしてボクらは―ビニール そしてボクらは―ビニールそしてボクらは―ビニールそしてボクらは―ビニール jhgfhnjmkl笑いあったような気がする。いつもこんなふうにして――食い込む女の切り裂く口に黒いビニール線を差しこんだ――――――――――――――ASEDRFTGYHUJIKL;舌を頬へと動かす。その窪みにはいくらかのザラザラした特徴がある。――――――――――

q34567895432335456――――――233456789SDFGYUHJ――――――

asdfghjkjhgfhnjmkl―――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――― ――――――――――――――ASEDRFTGYHUJIKL;SDasdrfgWAESDRFG

HJK――――――――――324567812286334876―――――

黒く弾けるボンネット火花。

切り裂く―ビニール 黒い線

食い込む―白い肌の列。

黒く弾けるボンネット火花黒く弾けるボンネット火花

切り裂く―ビニール 黒い線切り裂く―ビニール 黒い線

食い込む―切り裂く―白い肌の列食い込む―切り裂く―白い肌の列

切り裂く―黒く弾けるボンネット

切り裂く―ビニール 黒い線

食い込む―白い肌の列。

切り裂く―ビニール 黒い線切り裂く―ビニール 黒い線

食い込む―切り裂く―白い肌の列食い込む―切り裂く―白い肌の列

黒く弾けるボンネット火花黒く弾けるボンネット火花

切り裂く―黒く弾けるボンネット

黒く弾けるボンネット火花。

ASDFGHJRDUIJOJGHFD;K

――――――――――――――――――――――――――――――

きみの瞳に一粒の涙

 

震えたね。

DTFYGUHIJOKKJHGFDDRHJOK

PLOKHJYTRDXECsdfghjkljhgfds

aSWDERFTYUIO;OIHGFDイト

スシハカキクマニマクハシハキクナマニクキハ気は死とは禁句生にとしはきくまのりちとさしそはひきこんそしかはははさえすしすしおとすはかかはきんくなまににまはてたとああぬhjgfghj地手と死す墓禁句生区は歌詞しすはかきんくなまのまこくきはしそはきんく寿司は課金区名sdfgbhujiksdcrfvtgybhunj

ASXDCFVGBHVGHGD

HJKGTFRE6HJJHGFDRTGHUUJR

YEBN6R3RTTYIUHO

I76543212345634455678087

654234657687845

67890

 

雪が降り始める。世界はまるで一瞬のノスタルジア。ばかばかしいそんな夢の世界で――は粉祖久萬の利こくきそしてボクらは笑いあったような気がする。いつもこんなふうにして――アンドウタダシは女の口に差しこんだ舌を頬へと動かす。その窪みにはいくらかのザラザラした特徴がある。それは、凍えるような太陽だ――――――――――

q34567895432335456――――――233456789SDFGYUHJ――――――asdfghjkjhgfhnjmkl――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――ASEDRFTGY

HUJIKL;SDasdrfgWAESDRFGHJK――――――――――

324567812286

―――――――

――――――――――――

 

―――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――

 

――――――233456789SDFGYUHJ――――――

 

asdfghjkjhgfhnjmkl――――――――――――――――

 

――――――――――――――――――――

――――――――――――――

――――――――――――――ASEDRFTGYHUJIKL;SDasd rfgWAESDRFGHJK――――――――――32456781228―――――――――――――――――――

 

―――――――――――――――

――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――

 

―――――――――――――――――

 

―――――――

 

――

 

――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――

 

―――――――――――――――――

 

――――――――――――――――――――

――――――――――――――

――――――――――

――――ASEDRFTGYH

UJIKL;SDasd

rfgWAE

 

SDRFGHJK――――――――――32456

 

78122

 

863

 

 

4876―――――――――――――――――――

 

―――――――――――――――

――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――

 

―――――――――――――――――

 

―――――――

 

――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2009年7月13日公開

© 2009 W-E

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"遺体、その下に、愛"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る