和尚だからって一人称をわしとは言わん

春子フロンターレ

396文字

山田和尚のひとときの沈黙

俺和尚

夢破れ

家継いで

早10年過ぎ

毎日

村中法話を話して

駆ける

 

違う

俺決してただの和尚には成り下がらん

 

目の前にある遺影

本日

読経する相手

ずいぶん変わったが

俺はすぐわかった

幼い俺が好きだった相手

給食のおばちゃん

おばちゃんというから当時40ぐらいの歳かというとそうでなく

彼女は

学校のどの先生より若くて

でも俺たちは

給食のおばちゃん

と呼ぶしかほかに呼びようがなかった知らなかった不器用すぎた

だから

いつまでたっても彼女は給食のおばちゃん

 

白黒の給食のおばちゃんは

こぼれるように笑って

その笑顔はあの頃と何も変わらなくて

読経の途中

言葉に詰まる

言葉を失くす

給食のおばちゃんがぼやける

沈黙で騒ぎ出す親族外野は黙っとれ

深呼吸

では君に

祈りとともにこの歌を捧げよう

聞いてください

 

南無妙法蓮華経

2010年10月6日公開

© 2010 春子フロンターレ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

シュール

"和尚だからって一人称をわしとは言わん"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る