シリーズ化の予感

応募作品

古戯都十全

エセー

1,022文字

2021年4月名探偵破滅派『元彼の遺言状』応募。

①主人公の行く末

まず初めにこの小説は非常に手の込んだキャラクター描写を用いた小説であることを考える必要がある。何よりもお金が大事であるという主人公は、表紙カバーのイラスト、作中の独白での容赦ない突っ込み、人に怒鳴られても動じない性格など、非常に隙のないキャラクター造形である。だが裏を返せばそれは美点とともに欠点も誇張されているわけで、物語の文脈ではその欠如の回復が図られるはずである。よって展開としてはお金という経済的価値に勝る別の価値観を得る必要があるが、それは元の会社に戻るか「暮らしの法律事務所」を譲り受けることであるが、おそらく両方である。

 

②犯人

犯人は原口朝陽である。①で示したキャラクター描写の観点から見ると、主人公は他の多数の登場人物とは別に朝陽にだけは初対面時から「愛嬌のある」という言葉を使用し好印象を抱き続ける。その後主人公とコンビまで組んで犯人探しに奔走する朝陽だが、これはミスリードである。主人公が相対する人物の中で、心の内に抱く感情が一人だけ異なる点が彼女を浮かび上がらせる。女性ではあるががっしりした体形は金庫を動かすにも支障はないであろう。

そして何よりも警察に注射痕の件を垂れ込んだのは他ならぬ朝陽である。警察を動かして状況を複雑にしようとする意図が感じられはしまいか。

彼女の体の悪い母親はマッスルマスターゼットの治験を行ったことによるものである。治験を勧めたのが栄治であるためそれが動機となる。

 

③森川製薬の新薬開発事業と村山殺し

朝陽はマッスルマスターゼットの販売阻止、および栄治の遺産を国庫に帰属させて森川製薬を潰すために村山を殺して金庫を持ち出した。川に放り投げたのは時間稼ぎをするためである(なぜ時間稼ぎをする必要があるのかはわからない)。

なお、暴力団を動かしたのは副社長の平井であり、それは殺人とは別に彼が会社を乗っ取ろうとしているからである。

 

④金庫の中身

遺言状とともに入っているのは、栄治が銀治の息子であることを証明する書類である。体外受精で使われたのは金治ではなく、銀治の精子である。

 

⑤シリーズ化

宝島社はこの強烈な主人公のキャラクターを受けて、シリーズ化を目論んでいる。カバー、扉の装丁、無駄に多い登場人物、題名の変更等、販売戦略は周到である。売れ行きを見て著者に次作を依頼するに違いない。

なお、もし次作が出た場合は喜び勇んで推理をすることになるだろう。

2021年4月19日公開

© 2021 古戯都十全

これはの応募作品です。
他の作品ともどもレビューお願いします。

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"シリーズ化の予感"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る