そノかげハ天使とナリ

arai

837文字

古美術商と少年。 

魔法のランプのサインを一切れ 汐のとき 伽羅の砂時計に、口の端にのせておけば、箇条書きに草は群がり栄え華々しく執行されるかもしれない……自慢話に興じるこっくりさんに従い、虫が巣食う材木を組み立てる 唇を、やはり舌先で舐める海上を照らし出す一輪のフラワーと、灰燼かいじんをかき集めた『冬』へ招待される。

 

踏切を映す鏡→火花散る雪→珊瑚の骨

→金縛りの半熟卵となり町に原点回帰する

、心の像。

綺羅を飾る少女漫画。

夢心地のマーメイドがするりと浮かぶ

 

蛍光灯から試験管まで夥しく蔓草を

野薔薇のような血痕は赫灼かくしゃく

 

遥か彼方に置き去りにする。

歩道橋からジャスミンを溢す→聖職者の恋慕

→化粧室の幼なじみ→魔法使いの空中散歩

→隔絶した深海→横文字の黄金律。

 

しめやかに、空洞は繁殖する。角から眺める景色に合わせ熱に浮かされる括弧(伝言ゲーム。)固茹での雪原を踏みにじる語り手のその後、定規をあてがい、かいつまんで、ふきだした。元気そうに振る舞う事件に巻き込まれ拳固を食らわすタロット占いの経過観察、適任者を選び出す貧乏揺すり、ほんわかとしたおせっかいが成長の妨げになる。

 

淵源。幽霊の流動性、

 

後ろの正面のスリルとつぎ込む。一文字の悪天候を万年筆でつなぎ目、遠回りのハッピーエンドの針仕事の第一印象は、まんまるにしつけ糸をくぐす。檻の中の粧飾、夢のまた夢と打ち切り。その解決方法が見つからないまま、締めくくる・袖口や襟元からのぞく、きずだらけの、マトリョーシカのわたくしたち。

 

距離は十分に盗られた

浄水池。        山賊と子猫に違いない

経歴に汚点を残す機械音痴の古本と素敵な頭蓋骨

 

その舌の根に毒を与えられた、これは焦土の感情と哀愁の洗脳 光にあふれ、目から鼻へ抜ける。北半球に次々と起こるまがい物に、蜂蜜を垂らし手応えなく奥まで入る、不等号の擬人化、文学的死が不可欠と廻転、俯く。

 

今日もまた雲の峰と、そうであろうと、さざめき亘る。

2022年5月24日公開

© 2022 arai

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩 自由詩

"そノかげハ天使とナリ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る