古傷が痛むことはないでしょう

arai

1,259文字

電子烟草 
無償透明 
空色、天体観測 

希少性のあら捜しに仕立てさせる魅力にやわらかに富めば、このかいな いいほうで、熱烈に繁殖した黒砂糖の鎖を断ち切る 一指、こころなしか、ほのかな香りに包まれ、ほとびるは着の身着のまま。

美女と野獣の肢体、無防備な空間の魅力と掴まえる、その影響は目ざといかな未詳 兎角 ほそながいサブカルチャーが 思わぬ結果ですがフィルターにあった隻腕の処遇とする。

 

 

これはおおどかな砂山を与え向日葵と華やぐ手元にあり、ほど弛んだ敷物の粗戦あらいくさと気軽に泣かせる。なにより摩耗した高原の貧しくともほとんどは無償の愛念珠と感じ、血と肉が染み付いたもの。

お粗末様でした。

ただねばっこい砕氷とはずんだ灰に覆われる未開の地のみずみずしさといったらもう一生、か弱い女王様の馴れ初めは形に一通り ふるく、及ばずながら、ひとりぼっちの小惑星の真っ赤なぬくもりと空騒ぎに至って清潔であれ風情と成し、風力刑の彫師による木目と安定する体躯と知ったら。

 

とにもかくにも痩せこけた歴史とものぐさにたくましさをとどめる。

 

適材は硬い蕾のような高級感もうらなり、白骨絡み合う演技であることはもうバライティーに富んで、空世辞の迷路として歪んでいる顔立ちが、声色張り裂ける行進曲であり、いざ昨日のことのようにでっちあげる生命のパノラマのひとつとしてからからと入る頃には。

 

明るく青いすべり台に念を押すおちこぼれのしめりけが真っ逆さま。

メモに遺された地下水路へ、生き止まりと限らず重大な問題とある。

 

やぼったい油脂を湯煎した化粧品をぶんどり黒土と衰弱させた安眠を考える、自愛に満ちた夕べのわびしげな反逆と高揚した凡才を嘘皮に転がし正当化する、宙に浮いた砂地に理想主義と隔絶して、雑音に笑かす滑稽の極み。

露出した部位から何を見出そうか。排水溝のその漏れもない、異国の地で妥協ごと発疹し命を吹き込ませ口元に微笑、そのソムリエの正体とメッセージを一頁と燻ぶる。

 

犯人はあの男に相違ないとの呼び声で焼き討ち、書き起こされただけの、

この<きびだんごorどろだんご>

なおさら堪え難い楽観で思い出したことが危機感をひん曲げる意味を算出する。

 

出し入れさる水くずを知らず片言の心電図に、独り善がりな雨氷疑問にも及ばずラピスラズリの摩擦音と踏む 金魚のフンを溜め 平等に扱う露骨な隙間風を継ぎ合わせ着火する、きな臭い花吹雪と咳き込む力が現われる。

涙ぐましい蝉の声を乾拭きしたエデンの園に、追尾した入道雲の役目 格上げされた文箱におぼえがきの大罪をのりしろと犯すよう、なぞかけとハルメク漫文であろう。

 

なにか、

 

なすがままに火に油を注いで恋に踊る(娘と、彼の。)オカリナの黄金色、胸中を察すると誰もがそうであろうと思い込むその到達点。冗談にことよせて投影する震動に問題があるが。

区切られた常識がたじたじ、人肌ほどぐびぐびやることが多い、配剤はなぜかいつだって記憶、思い出したのか共感という、華美た墓穴を掘っています。

2022年5月22日公開

© 2022 arai

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩 自由詩

"古傷が痛むことはないでしょう"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る