歴史回文「ベルサイユのばら」  -ギロチンの露と消えた王妃マリー・アントワネット-

メビウスの福袋(第7話)

大猫

802文字

10月16日は王妃マリーアントワネットの命日でした。最期に臨んでとても勇敢で威厳があったという王妃を偲んでまたまた歴史回文をご披露いたします。

怠惰疎んだロココの女神、
美しきは王妃のマリー待つ池
よし、よしんば委細めくか、
氷魚の手、ドレス、靴贅沢、悪魔だ。
紅ロゼの薔薇、活けしも艶立つ

市民ら、「いかん、泣くぞ。金欠と飢餓。」
マムシ連、野心アウトだ。
ん?三部会、
白馬誘致す、パリへ。
スカ、逃亡。
豚箱、野次飛んで
デン!と、ジャコバン党、暴徒化す。
ヘリ、バスチーユ爆破、
以下、分散。
打倒!旧体制(アンシャン・レジーム)
ま、ガキ、特権貴族なんかいらん。
見知った奴も死刑。
騾馬乗せろ、去なれ。
くだまく悪態、
絶句すれど、てーの。
王妃、革命裁判所。
……処刑、つまり。
魔の氷魚穿きし靴。
海亀の心。
断頭台だ。

 

 

たいだうとんだろここのめがみうつくしきはおうひのまりーまついけよしよしんばいさいめくかひうおのてどれすくつぜいたくあくまだくれないロゼのバラいけしもつやたつしみんらいかんなくぞきんけつときがまむしれんやしんあうとだんさんぶかいはくばゆーちすばりへすかとうぼうとんばこやじとんででんとじゃこばんとうぼうとかすへりばすちーゆばくはいかぶんさんだとうあんしゃんれじーむまがきとっけんきぞくなんかいらんみしったやつもしけいらばのせろいなれくだまくあくたいぜっくすれどてのおうひかくめいさいばんしょしょけいつまりまのひうおはきしくつうみがめのこころだんとうだいだ

 

【鑑賞の手引】
日付が10月17日に変わってしまったが、10月16日はマリーアントワネットの命日で、パリで靴などゆかりの品々がオークションに出されたという。もしや当回文に登場する靴ではないかと作者はドキドキしていたが、全く関係のないものであった。
なお、濁点無視、促音置換、長音無視等、厳密さには欠けるきらいはあるが、海亀の如く堂々と静かに逝った悲劇の王妃に免じて了承願いたい。

 

※念のため注意:バスチーユ陥落は1789年7月14日で、当然、ヘリなどまだありません。

2018年10月17日公開

作品集『メビウスの福袋』第7話 (全12話)

© 2018 大猫

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"歴史回文「ベルサイユのばら」  -ギロチンの露と消えた王妃マリー・アントワネット-"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る