夜半の一絃(よわのいちげん)

三つの琵琶の物語(第3話)

大猫

小説

1,832文字

「エッチ」よりも「情事」が似合う物語を書きたい。短いので読んでみてください。新月の京の町。情事は闇の深いうちに。男のため息は聞かれぬように。女の涙は見せぬように。時代は平安末期から鎌倉初期を想定していますが、特にこだわりはありません。

白綾の小袖を互いかたみに取り替え、そっと素肌に羽織り、一つ褥の上で寄り添って眠る。

幾度めの夜か。我が皮膚は相手の肌着の感触をすんなり受け入れるようになっている。激しい官能の名残は寝息と共に、綾の心地よさの中にふわりと沈んでゆく。

東山の麓のこの家は小さくて、そよ風が吹いても屋根が鳴りそうなほど古い。けれども今夜は物音一つしない。鴨川の流れさえも聞こえてこない。

 

男は眠りから醒めていた。そしてそのまま眼を開けていた。あまりの静けさが男を不安にした。新月の夜はいつまでも続く漆黒の闇である。傍らで眠る女の体温がなければ、我が身までが闇の中に凝固してしまいそうに思える。

女も眼を覚ましたらしい。ほんのわずか、それとわからぬくらいかすかに身じろぎをした。眠っていても男の気配に気を張っている。いつこの逢瀬が最後になるかもしれないことをよく知っている。

 

闇の中で眼を開けたまま、二人ともしばらくの間無言で横になっていたが、やがて男が呟くともなく言った。
「いま、何どき頃であろうか」

その意味するところを女はすぐに覚った。男は夜明け前に去る。みそかごとは、闇が深みにあるほんのひと時に封じ込めておかねばならぬ。

女はゆっくりと体を起こした。昨夜、乱れたまま束ねずにおいた髪が、寝ている男の頬を掠めて滑った。鼻先にほのかに香りが立つ。自分が愛用している梅花香が、女が身につけている単衣の裾から薫ったのだ。

2018年6月2日公開

作品集『三つの琵琶の物語』最終話 (全3話)

三つの琵琶の物語

三つの琵琶の物語の全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 大猫

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


5.0 (3件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"夜半の一絃(よわのいちげん)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る