回文「花咲く早春の夜の宮」副題:闇夜の爆破テロ

メビウスの福袋(第4話)

大猫

417文字

静かな早春の夜のお宮に、色とりどりの花々が咲き乱れる美しい回文、になるはずであった。
でも、書いているうちになんだか行方が分からなくなるのが回文の魅力です。

闇の夜咲く水仙に

いざ桜咲け 沼影に椿

宮の鶯らくらく白梅鳴く

露店萱の屋根白々向きて那覇の菜の花

「敵、連(むらじ)ら死ねや!」の夜間テロ

宮内爆破 くらくら水宮の闇

奇抜に怪我 間抜けさ落差

罪人制す腐る世の宮

 

やみのよるさくすいせんに

いざさくらさけぬまかげにつばき

みやのうぐいすらくらくはくばいなく

ろてんかやのやねしらじらむきてなはのなのはな

てきむらじらしねやのやかんてろ

くないばくはくらくらすいぐうのやみ

きばつにけがまぬけさらくさ

ざいにんせいすくさるよのみや

 

 

【鑑賞の手引】

静かな早春の夜のお宮に、色とりどりの花々が咲き乱れ、

鶯がさえずる美しくも雅びやかな世界を描くはずが、

なぜか舞台が那覇となり爆破テロになってしまったのは殺伐とした

世情が無意識に反映されたものか。

お宮のテロにふさわしく敵をわざわざ「連(むらじ)」と呼ぶあたりの

古代ぶりがわずかに救われる思い。

それにしても悪人がはばかる腐った世の中であることだ。

2018年9月29日公開

作品集『メビウスの福袋』第4話 (全12話)

© 2018 大猫

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩

"回文「花咲く早春の夜の宮」副題:闇夜の爆破テロ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る