回文「平成の政変、令和の月」

大猫

473文字

新しい元号を寿ごうと思い立ち、景気づけに一杯ひっかけて回文を作り始めたらこんなのになってしまいました。
意味不明御容赦、ていうか、回文ってだいたい意味不明なの。

令和、那覇の友よ。

清い月の遠くハロゲン電気。

維新信念瓦解変身。

平成政変! 新陛下元年、真摯。

いきんで、ん~! ゲロ吐く音のきつい夜。

清元の花輪入れ。

 

れいわなはのともよ

きよいつきのとおくはろげんでんき

いしんしんねんがかいへんしん

いせいせいへんしんへいかがんねんしんし

いきんでんげろはくおとのきついよ

きよもとのはなわいれ

 

 

<鑑賞の手引き>

令和を迎える夜を那覇の友と迎えようとしたのだが、

清らかな月は雲の向こうで、仕方なくハロゲン電気の照明で月の代用とした。

猛威を振るった維新の会も信念は脆くも瓦解し別の党みたいに変身してしまった。

平成に政変が起きて新陛下の元年となったわけだが、真摯な方でよかった。

などとしみじみ話していたら、急に友達の気分が悪くなり、

ん~といきんでゲロ吐く音が一晩中続いたきつい夜となった。

こんな夜には清元の花輪入れをそばに置こう。

……クーデータで平成が終わったかの如き書きぶりで、後世の人々に令和が誤解されるかも

しれないが、これも回文のなせるわざである。それにしても「清元の花輪入れ」って何だろう?

2019年4月30日公開

© 2019 大猫

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"回文「平成の政変、令和の月」"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る