回文短歌

大猫

994文字

回文で短歌を作りました。定型詩でかつアシンメトリーな短歌を作るのはなかなか骨が折れますが、作ってみればいずれも世の無常を嘆き、短い人生を楽しもうという格調高い作品となりました(ウソ)
こんなものをこしらえるとは、世の中にはヒマな人もいるものだと思ってお楽しみください。

その1

よき謡 酒の友にと 今宵酔い 夜毎に元の 今朝いた浮世

よきうたいさけのともにとこよいよいよことにもとのけさいたうきよ

 

【鑑賞の手引】

良き謡を友として今夜は大いに飲もう。

しかし今夜が過ぎれば今朝と同じ浮世がまたやってくる…

 

 

その2

君と待つ 清の若草 仮の世の 梨花咲く川の 佳き妻と見き

きみとまつ きよのわかくさ かりのよの りかさくかわの よきつまとみき

 

【鑑賞の手引】

あなたと共に、清い若草が萌え出ずるのを待つ。

この世の中は仮の世、儚いものではあるが、梨の花が咲くこの川辺にやがて萌え出ずるであろう春の若草のように、

あなたは私のよき妻になってくれると思う。

 

 

その3

世の中は 波ふと遠のき 淡き際 秋の音問ふ 皆儚なの世

よのなかはなみふととおのきあはききはあきのおととふみなはかなのよ

 

【鑑賞の手引き】

この世というのは、寄せる波がふと遠ざかり、見る見るうちに波際が淡く見えなくなってしまうようなもの。

消えゆく波は秋の音を問うているようだ。何もかも儚い世の中だ。

 

 

その4

馬の理知 人馬美し 中果てて 儚し苦痛 万事塵の舞う

うまのりちじんばうつくしなかはててはかなしくつうばんじちりのまう

 

【鑑賞の手引】

今日も目当ての馬の理知を信じて賭ける。美しい人馬よ。我に勝利を。

それなのに馬はレース半ば、第三コーナー前で果ててしまった。

なんというはかなさ。苦痛と共に破り捨てる馬券。

この世は馬券のごとく、すべてが宙に舞う塵だったか。

競馬を通して人生の無常を痛切に謳い上げた渾身の絶唱である。

 

 

その5

恋しさや 殊に携帯黙る夜 まだいたいけに 床優しい子

こいしさやことにけいたいだまるよるまだいたいけにとこやさしいこ

 

【鑑賞の手引】

切ない恋の歌であろうか。

押し黙って鳴らぬ携帯。そんな夜は特に恋しいその人は、まだいたいけさを残しながらも床の中ではあくまでも優しい。

夜の孤独と肌の奥に疼く官能が身を切るような切実さで迫ってくる。

「いたいけ」という語句に若干ロリコンの匂いがするものの、「けいたい」を活かすため

致し方なく配置したと善意に解釈しておこう。

 

2018年4月27日公開

© 2018 大猫

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"回文短歌"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る