日常。(13)

日常。(第13話)

mina

小説

1,387文字

夜になると、ただ暗くなるだけなのに‥それだけでホテルに行くまでの道のりが随分違って見えたりして‥

 

ちょっと怖い

 

「 ‥ 」

 

いつも指定されて行くホテルの側には何も無くて、真っ黒な暗闇の大きな影の固まりだけがホテルを覆っているような気がしてならなかった

ホテルのフロントの中にいる人に軽く挨拶をして、その奥にあるエレベーターまで歩く。ブラックライトの青色と蛍光灯の白色が歩いている私を照らす

「 ‥ 」

見上げると青色が白く光っている

「あの‥」

「 ? 」

ホテルのフロントにいた人が話しかけてきた

「さっき入ったお客さん、ちょっと気をつけた方がいいと思います」

「‥何でですか?」

「いや、僕の思い過ごしかも知れないんで‥多分大丈夫だとは思うんですけど」

そんな事言ってたらエレベーターが1階に着いた

「‥解りました」

エレベーターの扉が閉まる、私はものすごく

不安になった

7階にエレベーターが着いてしまった、78

1号室はすぐそこにある

「 ‥ 」

エレベーターの中から出たくない

このまま帰ってしまいたい

ホテル全体でかかっている有線の曲がやたら

耳につく

「 ‥ 」

この狭い廊下を通って、突き当たりの所に部

屋がある、781号室はすぐそこにある私は

その扉をノックした

「あ、どうも」

扉を開けて、私を迎え入れてくれた人はちょ

っと肌の色が黒い茶髪のおじさんだった

「こんにちは」

私は普通な雰囲気のおじさんを見てホッとし

た、だけど‥

「 ? 」

部屋の中に入ると妙な匂いがした

「おもしろいシステムだね、最近の風俗って

みんなこうなの?」

「あ‥はい」

「どうかした?」

「いや、何かちょっと‥」

「 ‥ 」

おじさんの目つきが変わった

「‥君はクラブとか行ったりするの?」

「行かないです」

「そう‥」

おじさんは笑ってこう言った

「大丈夫だよ、そんなに警戒しなくても」

「あ‥はい」

「ダメなことだっていうのは解ってるから」

「 ‥ 」

おじさんは何だか訳が解っていない私の手を優しく握った

「ちょっとだけ、ぬくもりが欲しくなったんだ」

「ぬくもりですか?」

「そう、ちょっと独りでいるとダメそうだったから」

「‥寂しかったんですか?」

「そうだね、寂しかったのかも知れない」

私は椅子に座っているおじさんを包み込むよ

うに抱き締めてあげた

「ぬくもりって、こんなカンジですか?」

「 ‥ 」

おじさんからはさっき部屋に入ったときに感

じた妙な匂いがした

「‥今日選んだ子が君で良かったよ」

「 ‥ 」

「優しい子って言ったら、店員さんが君だって言うからさ」

「‥あの」

私は匂いの事を聞いてみようと思った

「この匂い‥」

私の言葉を遮るかのようにおじさんは私に優

しいキスをしてきた

「 ‥ 」

静かで優しいキスに私は濡れた

「‥ありがとう」

結局おじさんとしたプレイはそれだけだった

「 ‥ 」

おじさんが先に帰っていいと言うので私はエ

レベーターで下に降りた。エレベーターの扉

が開くとそこには心配そうな顔をした店長が

いた

「大丈夫だった!?」

後で聞いたらおじさんはマリファナをやっていたみたいだ

「 ‥ 」

その話しを聞いた瞬間、私はイってしまった

 

end

 

 

2014年8月4日公開

作品集『日常。』第13話 (全70話)

© 2014 mina

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"日常。(13)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る