タグ: 自由詩 271件

  1. 糸を緩められた体中の錆と痙攣する芋虫を連想する

    • arai
    • 9日前
    • 1,486文字

    むず痒い絶頂を繰り返す真っ青な道徳に脅えているひかりそのものであれ

  2. 無題 人間賛歌 /

    • 山雪翔太
    • 21日前
    • 78文字

    一分くらいで思いついて書きました。意味は無い。

  3. 暗くなる 人間賛歌 /

    • 山雪翔太
    • 2ヶ月前
    • 149文字

    一日が暗くなる。全てが暗くなる。暗くなる。

  4. 星廻り沈没船

    • arai
    • 2ヶ月前
    • 1,048文字

    ほらテクスチャの剥がれた外観からはみ出す。これら頑なな痕跡が

  5. わたしと泉

    • arai
    • 2ヶ月前
    • 1,352文字

    優雅な黒蝶の一種なのです。と、いつからかわからないけれどもね

  6. やまふところ

    • arai
    • 2ヶ月前
    • 939文字

    人間的自由と、帳消し、持ち時間は/死に向かって歩き続ける。――今夜は素泊まりだ

  7. いざよい露香

    • arai
    • 2ヶ月前
    • 1,538文字

    目につくように。カメラを持って、ぐるりと思考ばかりを徘徊させた、ところで

  8. 切れた縁 人間賛歌 /

    • 山雪翔太
    • 3ヶ月前
    • 154文字

    多分、元から結んでても意味の無い物でしたし、それを保とうとするのも愚かな行為です。でも何故悲しいんだろう。

    • arai
    • 3ヶ月前
    • 950文字

    後ろを振り返ることもなくあるき続けるしかないのだとまた悟った

  9. たそがれのもり

    • arai
    • 3ヶ月前
    • 1,479文字

    酩酊の彼は誰時のやまやまを績む 草原と駈る紅蓮群青へ

  10. 技術センター 詩集『最後通牒としての雪』 /

    • 眞山大知
    • 3ヶ月前
    • 244文字

    久しぶりに詩を書きました。さて、理系少年の成れの果ては、どうやって生きていけばいいんでしょうか

    • arai
    • 3ヶ月前
    • 1,165文字

    ぐんじょうのひかり

  11. バス 人間賛歌 /

    • 山雪翔太
    • 4ヶ月前
    • 73文字

    バスが出た。バスが出た。バスが出た。バスが出た。

  12. Oracle 

    • arai
    • 4ヶ月前
    • 2,631文字

    みだり眩しいから目頭が熱くなる

  13. たとえ曇天星邱。

    • arai
    • 4ヶ月前
    • 1,689文字

    「メルヘンは貧相だから直ぐしぼんでしまうんだねえ」

  14. 自在なる時間

    • 積 緋露雪
    • 5ヶ月前
    • 1,135文字

    私的な時間論を詩に認めました。生成AIによるととても独創的だそうです。

  15. 車窓のフィルター 人間賛歌 /

    • 山雪翔太
    • 5ヶ月前
    • 51文字

    車窓から見える景色は全て同じのはずだけれど……。

  16. 降る雨 人間賛歌 /

    • 山雪翔太
    • 5ヶ月前
    • 56文字

    傘をささなければ、雨なんか関係なくなる。