タグ: 散文詩 52件

  1. Theme(革命の試作) 多宇加世詩集 /

    • 多宇加世
    • 1ヶ月前
    • 897文字

    またまたThemeです。『革命』という題の詩の試作なのか、あるいは革命自体を試作するのか。ポエトリーリーディングを意識して書きました。特に響きを。

  2. 都々逸

    • 諏訪靖彦
    • 1ヶ月前
    • 36文字

    ブンゲイファイトクラブ落選作です。 情景を思い浮かべてエモさを感じて頂けたら幸いです。

  3. Theme(離船) 多宇加世詩集 /

    • 多宇加世
    • 1ヶ月前
    • 7,554文字

    またThemeです。螺旋は天と海底を向き夫人はその両方へ沈んでいく。 原稿用紙20枚ほどの詩です。

  4. 祈り

    • 千葉 健介
    • 2ヶ月前
    • 461文字

    心から放り出した大切な言葉たちです。目に入れるのは少し痛いです。

  5. 十個数えて次へ

    • 千葉 健介
    • 2ヶ月前
    • 209文字

    耳を澄ませ。耳を澄ませ。耳を棲ませ。耳を済ませ。

  6. 喫水線 小説

    • 長崎 朝
    • 2ヶ月前
    • 12,157文字

    ――見知らぬ死者のために。 市民プールのロッカー。宛名のない手紙のような小さなメモ書き。錯綜する「存在しない者」たちの幻影。 個人的な、まったくわけのわからない痙攣的文書です。

  7. うとぴあ

    • 千葉 健介
    • 2ヶ月前
    • 219文字

    新規ファイルと同じぐらいまっさらなこの場所に、いつだって君はいる。

  8. 愛を持つ場所 小説

    • 長崎 朝
    • 3ヶ月前
    • 19,407文字

    変わらない部屋、お決まりの散歩道、行きつけの店、一度も見たことのない夢、起こったはずのないできごと、ひどく恥知らずで白々しいおしゃべりの数々……。

  9. アロエを折って 小説

    • 乾 隆
    • 4ヶ月前
    • 6,047文字

    てんまどは、きっとある。 どうか、ぼくを、まっていてほしい。 不思議な死をくりかえす「ぼく」が、いつかの未来に希望を見る。 ときにせつなく、ときに滑稽で、ときに残酷。 ユーモアと哲学にあ…

  10. 集中豪星 小説

    • 長崎 朝
    • 5ヶ月前
    • 13,649文字

    やまない雨はないけれど、降りやまない星ならここにあります。