タグ: 場末 9件

  1. 梅雨空。

    • 山谷感人
    • 10ヶ月前
    • 129文字

    ケイタイが復旧した故、思い付くままに、暇だし。

  2. 魚屋のみよちゃん 小説

    • 竹之内温
    • 7年前
    • 2,663文字

    高校生の頃の記憶が結婚の話を聞き、蘇る。駄目な魚屋のみよちゃんにまつわるお話。

  3. 妾が娼婦だった頃(9) 妾が娼婦だった頃 / 小説

    • 寺島聖
    • 7年前
    • 9,697文字

    黒田はナオミからのみならず、明日香からも金をゆすっていた。幾重にも襲いかかる運命の前に、ナオミはドブネズミに襲われる鳥籠の中のカナリアに自分を重ね合わせる。そんな中、ナオミは情人(アマン)の淳と…

  4. 最後の経験者(4) 最後の経験者 / 小説

    • 竹之内温
    • 7年前
    • 7,177文字

    このみは母と祖母への軽蔑の思いを心に秘めつつ、新しい出会いを求め続ける。

  5. 妾が娼婦だった頃(8) 妾が娼婦だった頃 / 小説

    • 寺島聖
    • 7年前
    • 9,306文字

    店が終わると、ナオミは明日香、吉行氏と一緒に飲み直すことにした。だが運悪く、黒田と鉢合わせしてしまう。黒田に殴られ、挙句の果てに、彼が和也に押しつけた中古車の代金までナオミが出すことになる。ナオ…

  6. 死に神の恋(4) 死に神の恋 / 小説

    • サムライ
    • 8年前
    • 8,793文字

    やがて、秘めた想いを人々に見抜かれた死に神さん、ひたすら居心地悪くて、悶々とした日々を送る。それが可哀想で、やきもきする舞さん。いつのまにか、 微妙に、よろめき始め……。若妻、舞さんと、死に体…

  7. 妾が娼婦だった頃(7) 妾が娼婦だった頃 / 小説

    • 寺島聖
    • 8年前
    • 10,149文字

    エトランジェでナオミが琴音の悩みを聞いているところへ、ヤクザの黒田から電話がかかってきた。慌てて琴音を帰し、そのあとやってきた黒田も、どうにか出て行ってもらう。災難が去ったエトランジェでは、気の…

  8. 妾が娼婦だった頃(6) 妾が娼婦だった頃 / 小説

    • 寺島聖
    • 8年前
    • 10,023文字

    エトランジェにやって来た一見客に、いきなり黒田が怒鳴りかかった。その後、黒田に言い寄られたナオミは、帰宅後、精神科へ行って安定剤を処方してもらう。心労が重なる中、他店で働いていた時の同僚・琴音が…

  9. キャバ論語 小説

    • 飯田正也
    • 8年前
    • 112文字

    孔子の没後、弟子達がキャバクラに対する孔子の基本姿勢をキャバ論語とし編纂したものである。またキャバ論語では意味や読解が難解であるため、翻訳し、解説と要旨をつけ学習用に編集しております。