キャバ論語

飯田正也

小説

112文字

孔子の没後、弟子達がキャバクラに対する孔子の基本姿勢をキャバ論語とし編纂したものである。またキャバ論語では意味や読解が難解であるため、翻訳し、解説と要旨をつけ学習用に編集しております。

Get Adobe Flash player このコンテンツをご覧になるにはAdobe Flash Playerが必要です。左のバナーからAdobeのサイトへ移動し、ダウンロードしてください。

大きな画面で読む

2009年7月13日公開

© 2009 飯田正也

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ノウハウ ビジネス 場末 歴史

"キャバ論語"へのコメント 2

  • ゲスト | 2009-07-26 01:28

    笑いました。仁がジントニックのことだったとは。

  • ゲスト | 2009-08-07 01:07

    笑っていただきありがとうございました。すこしは安心いたしました。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る