遅刻した探偵の言い訳

諏訪真

エセー

409文字

言い訳だけでも述べさせていただきたい。
探偵破滅派「メインテーマは殺人」に応募しそびれた作品。

名探偵破滅派の遅刻組として、何も書かないというのもアレなので、最後まで読了した上で感想レベルのものをとりあえず上げておく。

おそらく最初に疑うのはゴドウィン一家に関わる交通事故絡みかと。ここでアラン・ゴドウィンが最初の犯人候補になるはず。しかしアラン・ゴドウィンは途中で退席する。

次に劇場投資に関わるレイモンド・クルーンズとナイジェル・ウェストン。しかしこちらも途中で脱落する。
すると残るのはNADAに関わるダミアン・クーパーとグレース・ラヴェル、アマンダ・リーなどの面々。ここらへんが怪しくなってくる。筆者の予想ではグレース・ラヴェルかアマンダ・リーが怪しいと予想していた。

しかし種明かしの段階で葬儀社の面々を見落としていたことに気づく。まとめとして、本編でもホーソーンが言っている。
「ダイアナ・クーパーが葬儀社に行かなければ起きなかった事件なんだから、最初から葬儀社が怪しいだろう」と。
言われてみればたしかにそうだ。

2021年6月22日公開

© 2021 諏訪真

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"遅刻した探偵の言い訳"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る