「テロリスト」でも「良識の英雄」でも「ウン」でも「ギャフン」でもなく

混血テロル(第7話)

Juan.B

エセー

1,363文字

※破滅派オリジナル作品。

今日も活字の中の少数者・弱者たちは前進する。何も起きていない。何も申し立てしない。フェイギンがいた。アンクル・トムがいた。今や皆血だらけである。

「オリバー・ツイスト」に出てくる悪党フェイギンはユダヤ人であり、「それに相応しい死に方」をした。今、彼の設定は良く変えられている。

「アンクル・トムの小屋」に出てくる文字通りアンクルトムは黒人の奴隷であり、活字に滲み出て奴隷制の悲劇の改善を「懇願」した。今、アンクル・トムは「白人に媚びる黒人」の代名詞らしい。

 

……こう書いておいて何か二作について考察できると言う事はない。この様な例は色々挙げられる。ただ俺が知ってる中で有名そうなのはこの二つだった。

 

十分すぎるくらい分かっている人も、まったく考えた事も無い人もいるだろうが、現実の少数者・弱者は、何かのアニメ・漫画・ラノベ・映画等々諸表現にある様な「正義の公安や騎士や地球連邦に逆らうテロリスト」「多数派の正当性を担保する存在」ではない。

2016年6月11日公開

作品集『混血テロル』第7話 (全8話)

混血テロル

混血テロルは1話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2016 Juan.B

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

反逆 左翼 政治 無政府主義

"「テロリスト」でも「良識の英雄」でも「ウン」でも「ギャフン」でもなく"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る