募集期間が終わった。情報を集めよう

ストラタジャム*NovelJam2017潜入レポート(第2話)

波野發作

ルポ

1,883文字

NovelJam2017の募集期間は終わったが、詳細な情報は流れてこなかった。

「作家枠はだいぶ集まって、抽選らしいぞ」

「競争率は二倍以上だそうだ」

「いや三倍、もっとかもしれないぞ」

「でも編集枠には誰もいないらしい」

「有名な漫画家が作家枠に応募しているらしいぞ」

 

ノベルジャムについての噂は聞こえてくるが、どれも曖昧で「情報」とは言えなかった。

公式のアナウンスはない。

 

そのうち募集は締め切られた。

 

ぼく自身は日本独立作家同盟の正会員でもあるし、元群雛の編集員でもあるので、運営側とはある程度のパイプはある。

が、ノベルジャムに関してはまるで情報が引き出せなかった。

 

ぼくにとって、コンペは戦闘である。これは今まであらゆるレベルのプレゼン、コンペ、商談で共通して言えることだが、戦闘は戦術に裏付けられ、戦術は戦略によって選択がされるべきである。戦略には情報が不可欠である。情報がなければただぶつかって死ぬだけだ。戦闘に際して、情報無しで突入するなど、ぼく、いや「俺の人生にはありえない」のだ。

無論、神でもないぼくが全てを知ることはできないし、腕利きのハッカー&クラッカーでもないから日本独立作家同盟の管理サーバーに侵入して、参加者情報を引っ張ってくることなどもできない。ぼくにできるのはいつだってソーシャルハッキングだけである。

 

一通のメールが届いた。参加決定の通知である。

ぼくは編集者としてノベルジャム2017に参加することが確定した。

同時に他の九人の編集者と、二十人の作家が決定したということである。

しかし、運営側からそのメンバーが発表されることはなかった。

誰が出場するかは、当日のお楽しみ、ということだが、それでは対策が何も立てられないではないか。

僕は独自に情報収集を開始した。

 

ベテランライターF氏は、出場決定を教えてくれた。彼は共通の知人であるT子さんが出場することになったことも教えてくれた。

一緒に仕事をしている編プロのA氏も素直に出場を教えてくれた。

破滅派のT氏も出場する旨を知らせてくれた。いや、ぼくから聞いたかもしれないが、詳細は忘れた。

これでぼくも含めて五人の出場編集者が判明した。残りは五人だ。

 

しかし、出場作家の話が全然伝わってこない。Twitterで検索しても、だれもつぶやいていない。

試しに「ノベルジャム出場決まりました!」と言ってみたが、それに呼応する声もなかった。

ひょっとして、そんなイベントは予定されていなくて、俺だけが妄想しているだけなのではないか、と思ったりはしなかったが、反応はまるでなかった。

 

唯一、普段から一緒にセルパブ的な活動をしているY氏からは直接参加する旨を聞いた。

彼はあまりコンペや賞レースに参加するタイプではなかったので、応募していた事自体が意外だった。彼とは日常的にグループチャットで話しているから、特別不思議なことではない。ぼくも出場する旨を伝えた。

 

T大学でN氏がトークセッションをするというので出かけていったら、そこに日本独立作家同盟のボスが来ていた。

千載一遇のチャンスである。

来月はよろしくお願いします、などと言って近づく。ぼくが情報収集を目的に近づいたとは思われないように、世間話を装っているが、ガードが硬い。

どんな人が来るんです? と聞いても、結局、鋭意組み合わせ検討中ということしかわからなかった。ただし、少なくとも抽選ではないということはわかった。これは収穫だ。つまり運営側で意図的に組み合わせを考えるということだ。意図的に組み合わせを考えるのであれば、普段から行動を共にしているY氏とぼくを当てるわけがない。

「Yさんも出ますよね。まあぼくと組むことはないと思いますが」

と探りを入れてみたが、なんら明確な情報が出てこなかった。ボスには次の予定があり、それほど長い時間いられなかったので情報収集は断念し、ぼくは撤退した。

ボスから仕入れられたもう一つの情報はNovleJamを「ノベジャム」と略してはいけないということだ。これは「のべジャム」という別のイベントがあって丸かぶりになってしまうためだ。以降、意図的に略さないで呼称することにした。しかし、それ以外は何も掴めなかった。

とんだ無駄足だった!(嘘です、目的はトークセッションの観覧でした)

 

ぼくはトボトボとT大学をあとにした。未だノベルジャムの全容はつかめていない。

こんなんで戦えるのだろうか。

 

つづく

 

2017年2月21日公開

作品集『ストラタジャム*NovelJam2017潜入レポート』第2話 (全6話)

© 2017 波野發作

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"募集期間が終わった。情報を集めよう"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る