生死生命論 番外編 「故郷」

消雲堂

小説

997文字

まだまだ生きて贅沢に暮らしたい…と図々しい考え方に変わった40代になってから、もしかしたら人生は同じ時間を永遠に繰り返しているんじゃないのか? って永劫回帰の考え方におちついたんです。永劫回帰といえばニーチェですが、その頃はニーチェなんて読んだこともウイキペディアで調べたこともなかったのです。
僕はニーチェの永劫回帰という考え方に同調するのですよ。ただし、ニーチェは永劫回帰の理由について述べていませんが、僕は人間の人生とは運命とは「時間」によって統率されていると考えているのです。それを少しずつ書いているのが「生死生命論」です。はたして僕が死ぬまで自費出版できるでしょうか?

 

2017年5月17日公開

© 2017 消雲堂

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

SF ファンタジー 実験的

"生死生命論 番外編 「故郷」"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る