タグ: 熱い 8件

  1. 妾が娼婦だった頃(8) 妾が娼婦だった頃 / 小説

    • 寺島聖
    • 7年前
    • 9,306文字

    店が終わると、ナオミは明日香、吉行氏と一緒に飲み直すことにした。だが運悪く、黒田と鉢合わせしてしまう。黒田に殴られ、挙句の果てに、彼が和也に押しつけた中古車の代金までナオミが出すことになる。ナオ…

  2. 妾が娼婦だった頃(6) 妾が娼婦だった頃 / 小説

    • 寺島聖
    • 8年前
    • 10,023文字

    エトランジェにやって来た一見客に、いきなり黒田が怒鳴りかかった。その後、黒田に言い寄られたナオミは、帰宅後、精神科へ行って安定剤を処方してもらう。心労が重なる中、他店で働いていた時の同僚・琴音が…

  3. 妾が娼婦だった頃(5) 妾が娼婦だった頃 / 小説

    • 寺島聖
    • 8年前
    • 8,367文字

    美登利、そして弟の宏明のことを語り終えたナオミ。舞台は彼女にとっての日常である、スナック『エトランジェ』に戻る。冷え込んだその日も店には様々な客が現れ、やがて日付変更線を過ぎる頃、一見客がぞろぞ…

  4. 無創の英雄 小説

    • 児島啓祐
    • 8年前
    • 14,562文字

    戦国の動乱も終焉を迎え、戦場を失った武功派たちの存在は、もはや前時代の遺物に過ぎなかった。生涯五十七の戦場を駆け巡り、かすり傷ひとつ負うことのなかった無創の英雄『本多忠勝』も、背骨の曲がった老翁…

  5. 醜態ノスタルジー 小説

    • 柳澤仲次
    • 8年前
    • 6,044文字

    田舎を離れ、ひとり東京で暮らす主人公のナカ。彼が送る、ひたすらに堕落した毎日。その中で彼が感じることとは? 生きることに初めて正面から筆者が向き合った作品。

  6. Re:現代文解答用紙 評論

    • ほろほろ落花生
    • 9年前
    • 1文字

    紙の破滅派創刊号にて物議をかもしたRe:現代文の解答用紙。破滅派二号では解答例も紹介されてます。このコンテンツをもっと楽しみたければ、hamazon.comから紙の破滅派を買いましょう!

  7. 「葉桜と魔笛」論 評論

    • 花藤義和
    • 10年前
    • 112文字

    2000年、太宰治がかつて在籍した東大仏文科には、先人をほうふつとさせるキチ○イじみた学生がいた。学内で物議をかもしたアブノーマルなレポートを全文掲載。

  8. あじゃ、てい(抄)

    • ぱるお
    • 10年前
    • 1,451文字

    ドエライコトヤナ ドエラコトヤ……奇妙な囃子が耳に残る、拒まれた者の叫びを綴った自由詩。