タグ: 文壇事情 12件

  1. 私は死んでもいいねしない、その結果死ぬ メタメタな時代の曖昧な私の文学 / エセー

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 5,696文字

    テキストを読むという行為は、ある意味で時間の投資である。私たちはこの投資効果を上げる仕組みを日常的に受け入れている。Amazonのレビューであり、Facebookのいいねである。それらの仕組みが…

  2. ノミナル 小説

    • 高橋文樹
    • 3年前
    • 3,703文字

    私の名前とそれに対する侮辱についての、言葉の本当の意味における私小説。第一回SS合評投稿作品。

  3. くずかごから酒場まで(4) くずかごから酒場まで / 小説

    • アサミ・ラムジフスキー
    • 7年前
    • 7,745文字

    特集*住石彰 ……稀代の天才・住石彰に迫る特集連載。第4回は批評家の鈴江しんきち氏による道化期の考察です。

  4. サイコサスペンス(2) サイコサスペンス / 小説

    • 月形与三郎
    • 8年前
    • 4,292文字

    女流作家を取り巻く絢爛でイカれた人々、中心を喪失した精神の罅の多重奏(ポリフォニー)――

  5. 流行作家養成講座(3) エセー

    • 今川久古
    • 10年前
    • 112文字

    売れるための小説を書くにはどうしたらよいのか? 日々多くの本に触りまくっている今川先生がついに具体的なプロットに着手する!!

  6. 流行作家養成講座(2) エセー

    • 今川久古
    • 10年前
    • 112文字

    売れるための小説を書くにはどうしたらよいのか? 日々多くの本に触りまくっている今川先生が懇切丁寧にプロットの分類を指南。それでホントに売れるの?

  7. 破滅派放談「グッドバイにはまだ早い」 対談など

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 9,865文字

    鼎談を終えたほろほろと山谷は、なかなか帰らずに、二人で太宰について語り明かす。最後はもう太宰VS中也みたいになっちゃいました。

  8. 「葉桜と魔笛」論 評論

    • 花藤義和
    • 11年前
    • 112文字

    2000年、太宰治がかつて在籍した東大仏文科には、先人をほうふつとさせるキチ○イじみた学生がいた。学内で物議をかもしたアブノーマルなレポートを全文掲載。

  9. ルサンチマン鼎談「太宰治特集」 対談など

    • 高橋文樹
    • 11年前
    • 6,394文字

    太宰治大好きの2人が集まって、てんやわんや。なぜ太宰治はこれほどダメ人間をひきつけるのか? あと、なんで太宰好きはみんな「自分のことが書いてある!」っていうの? ゆかりの地三鷹を散策して、そのつ…

  10. 流行作家養成講座(1) エセー

    • 今川久古
    • 11年前
    • 3,250文字

    売れるための小説を書くにはどうしたらよいのか? 日々多くの本に触りまくっている今川先生が指南する。