至福という恐怖

島津 耕造

エセー

165文字

高校生の頃に書いた作品です。

風呂にはいることにした。リビングから風呂場に向かった。リビングの戸を閉めた時からには体が硬直という、強力でありながら非常に脆い力を感じた。その瞬間、安心感とともに恐怖に襲われた。
脱衣所で服を脱ぎ、丁寧に服を洗濯機へ放り投げた、入らなければ私は死ぬのだ。
入った。ただ、私は入ったことに対し、特に喜びを感じてはいなかった。
 

2020年12月6日公開

© 2020 島津 耕造

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"至福という恐怖"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る