水たまり

島津 耕造

エセー

169文字

高校生の頃に書いた作品です。

水たま り

子供のあしはぶちゃぶちゃ
言う

戦後

初老の男、
「三島は『肉体があれば他には何も要らぬ』と言っていまして、」
「ほう。」
「ほら、ジャガ芋男爵ですよ、」
「…」
「…太宰治の。だから嫌ってまして。」

うん。

「四月になったら、天皇の弟子になるの、お兄ちゃん?」
「ならないよ、」
「熾烈な闘いだね。」
父親も口を揃えて言う
「大変だね。」
頑張ってね。
うん。

2020年12月6日公開

© 2020 島津 耕造

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"水たまり"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る