夢見

島津 耕造

エセー

518文字

高校生の頃に書いた作品です。

疲れて



もう、限界だって
囁く神様

怖ろしい夢しか 視えないのに
どこまで眠ろうとするのだろう

隙間に引きずり込まれた踵の
届かない爪から腐り、なおも落ち
ついには滴り、匂いの弾ける
目撃を、
指示してしまう
不自由な拘束のはずかしいこと

油断だけを閉じ込めて
暗さも明るさもない一定方向の変化に逆らう
我儘
われがまま

煩すぎて、聞こえない
神様

わたしだけの神様
だけど

同じ顔で窓際に立ち寄る
2対の落ちた膝が痛む それだけ

怯えた顔が視えない 怖い夢の赦し

自惚れてんのかしら

なんて もう夜は、だめだ

寝てしまおうとおもうのですが 早く起きることに憂いてしまい
きっとずっとこれが続くんだなあと思います

なんてことない嫌な予定があって それは、どうしても避けられないことで
上手に立ちまわっても後悔する
考えないでいればいい だけど考えずにいられない
考えもしない 思うということ思慮 意識
視界の隅が気になって眠れないわけじゃない

寝てしまう焦りと やりたいことへの時間と それをとる睡眠の必要性と
なんかもうだめみたいです いまは

遺書にならなけりゃいいなあだってこんなの辛すぎるぜ
寂しくないけど寂しいはずさ

なんかもう
月曜日無事に戻ってこれるといいな
携帯電話は学校においたままで 財布もいらねえや、はいはい

2020年12月6日公開

© 2020 島津 耕造

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"夢見"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る