#6

モンタージュ(第11話)

多宇加世

247文字

M

けれども

スクリーンを

通り過ぎるうちに

 

あなたのほんとうのからだは

銀の匙ずつ

消えてなくなる

でも……わたしの臓器は

わたしのものではないのですか?

 

そんなものですよ、アリサ

心配してくれてありがとう……

 

あなたも見たでしょう

 

ひとかたまりの馬が

西部劇の

躓き

銃で撃たれるとき

 

植民地行きの貧困者たちが

あ、あ、……

帰ってこない

 

華麗なパラソルとスカートを

盗んだ富豪、

 

最期の見知らぬときを待って

茅葺き小屋の

 

黙れ、鼻筋の白さよ

2022年7月29日公開

作品集『モンタージュ』第11話 (全20話)

© 2022 多宇加世

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"#6"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る