最愛の相手を殺せ

応募作品

牧野楠葉

小説

8,771文字

中上健次『十九歳の地図』のオマージュ作品です。破滅派13号応募作品。「ばかやろう! 冗談かどうかみていろ、ふっとばしてやるからな、血だらけにしてやるからな、なにもかもめちゃくちゃにしてやるからな」ーー『十九歳の地図』より引用

 内縁の夫と別れた。女性として見れなくなったそうだ。芸大を卒業してから五年、ユカはもう二十七になっていた、絵の才能も枯渇していた。何もかも無くした。昨日、電話ごしに別れを告げられてそのまま。その足で……それなりに好きだった、だから内側からユカをつき崩す虚無に耐えられなかった。新宿のハプバーに行き五人に輪姦されにいった。惨殺的なその行為が終わると終電がなくなっていたので、そのうちの一人、音楽のプロデューサーだとかいう男が、下品なテキーラで顔を赤らめながら、胃の中のものがごちゃ、となった、どぶに打ち捨てられた腐った魚のような口臭を漂わせ、自分の家へとユカを引っ張っていった。

 その家は広めのワンルームだった。住所がわからない。どこの駅が一番近いのかも当然わからない。空気が湿っていたし籠っていた、ガラスの張ってある本棚にずらりと並べられた村上春樹の文庫本と、歩く隙間なく床のあちこちに積まれた、大量のレコードが目についた。男は家についてすぐ、青色のジャンパーも脱がぬまま、雨音が延々としたるレコードをかけ始めた。……じゃあ、しゃああああ、ぽつ、つつ、ぴとっととと、じゃあああ、しと、ぴと、とととと、ざああ……ユカは音に包まれる。いや、密封される。ユカは思わず、これからの行為が異常なものになるのではないかと思いぞっとして立ちすくんだ。そして再び、ティッシュが丸まったのが所々に投げられているベッドの上で、部屋を満たし続ける執拗な雨音の狂気と反比例するつまらないセックスをしながら、ユカは、酔いにまみれた頭の中で、ゼンを探さねば、と強迫的に繰り返していた。ゼンを、探さねば。それはユカにとっての「蜘蛛の糸」であり、この世を生き抜くための「地図」だったからだ。ゼン、ゼン。……もちろん、ユカはもう、全く、ゼンの絵を描いていなかった。

 

 離島。戸建てのリビングに、燦々と神々しいまでの夏の光が溢れていた。気持ち良くさっぱりとした昼の風が、開け放された窓から入り込んでくる。芋のように素朴な顔をした引越し業者が絶え間なく段ボールを運んでくる。しかしその仕草は危なっかしい。梱包されており、無事だったからとはいえこの業者は先ほども花瓶を落としたほどだ。だから、ジンは最初に運ばれてきた、年季の入った緑色のアンティークのソファに座りながら、神経質な顔つきで業者を目差し続けていた。……大体、いつも、夢の中で俺を苦しめるのはもっともっと若い男の肉体なのだ。こんな業者。反吐が出そうだ。まだ成人していない、未成年の少年を見ると俺は気が変になる。彼の輪郭はどろどろと融解しているが、俺はその幻影をいつまでも見ていたいと願っている。社会の常識を何も知らない、まだ孵らない生の混沌に、無意味な美しさに、俺は自分の身体を押し付ける。少年はそれを止めろといわんばかりに身体をぐね、とねじり、俺と目を合わせる。肋骨の浮いた白い華奢な体躯、小さな喉仏、鼻までかかった長く黒い前髪を指で押し上げるとそこには柔らかな産毛が生えている。俺はそれを優しく撫で、唇をつける。少年は憎々しげに、しかしその目は、ドクドクと音が聞こえるかのような快楽に燃え、そして、今度はもう諦めたと言わんばかりに、また俯せになる。……

「神谷さん、あの……」

「何、どうしたの」

「この、観葉植物は……」業者の男はひどくゆっくりと、愚鈍なしゃべり方で言った。

「窓際に置いてよ、適当でいいから」

 ジンはやけに苛つき、この離島でしか売っていない限定のビール缶を開けて飲み始めた。すると電話がかかってきた。液晶画面には「ノッポ」の文字。ノッポはジンのことが好きな、気さくなヒゲ面のオカマだった。ノッポは女より美しい髪をしている。

「もしもし? 聞こえてる?」野太い声が響いた。

「ああ、」

「アンタが越した島のね、コリーダって店なんだけど。いいとこらしいわよ、それを教えてあげようと思って、わざわざ電話したのよ」

「ご丁寧に。でも俺は行かねえよ、二丁目で散々懲りたんだ、しばらくいい」

「何言ってんのよ。そんなゲイ受けする顔なのに勿体ないわ、しかもアンタからハッテン場通いをなくしたら、楽しみが何もなくなっちゃうじゃないの」

「でもほんと良いところだぜ。この島。ハッテン場なんてなくても生きていけそうな感じがする、見事に何もなくて。お前も遊びにきたらいい。昼のビール、うまいぜ」

「水商売なんて休めないわよ! あくせく働かきゃ生きてけないんだから。大体ね、昼間から飲んでたらまたガンマ狂うわよ。ほどほどにしなさいって、破滅的な飲み方なんだから」

「ん」

「まあアンタは、東京で頑張り過ぎたんだからしばらく羽休めしなさいよ」

「……今日は日曜日だろ、ベロニカ開けるまで、お前、今何やってんだよ」

「何やってんだってアンタ、今日、四十九日法要に来てるのよ、今、納骨式まで全部すんだとこ」

「四十九日? 誰か死んだのか?」

「うちにもよく来てたお客よ。アンタも見たことぐらいあるんじゃないかしら? ほら、ハヤトが『ドラゴン』でやったパーティーとか、他のゲイナイトにも来てたんだけど、あんまり馴染めてなかった人」

「ああ……」ぼんやりと心当たりがあった。

「大人しそうな人だったからね、結局、若い男の子たちに殴られて。トイレで倒れてたって」

「でも、まだそんな事件があるなんて信じられねえな。昔じゃあるまいし。あのニュースになってたやつか?」

「そう。でね、無駄にマスコミが来てさ、事情を何にも知らないのに、荒い鼻息立てて、インタビューとやらをして回ってるのよ。愚かだわ、無駄な正義感だわ、お節介なのよ。気持ち悪いのよ、辛い会だったわ、ゲイパレードに参加した直後だったわ、世の中狂ってるわ、……また連絡するわね」

 電話が切れた、唐突に。しばらく電話を耳に当てたまま、ジンは、なぜだか、呆然としていた。熱気と怒りが含まれたノッポのこんな早口を聞くのは初めてだった。もしかしたら、ノッポは葬式場で涙を流していたのかもしれない。

「あのー、全部運び込みましたんで……」業者がジンに小声で言った。

 

 高校一年生の入学式の日、つまり今から二年前ほど前の朝、黒板に、全裸の女の写真に無理やりゼンの顔を貼り付けた乱雑なチラシが貼られていた。チラシの中のゼンは、「挿れてほしいな」と吹き出しで言わされており、ユカはとにかく猛った、馬鹿にしやがって、愚かな奴らめ、こいつらはゼンの良さを、何もわかっていない。ゼンはわたしにとってのマリアなのだ、だから、その日から、強迫的に、ユカは、ゼンの絵を描きはじめた。

 放課後、精液と尿の匂いが蠢く高校の男子トイレの壁で、髪を茶に染めた二人の不良に囲まれ、ゼンは何度も何度も殴られていた。整った顔は赤黒く腫れあがり、元の原型を留めていない。ゼンは目の淵から血の混じった涙を流していた。そして、制服のズボンは無残にも引きずり降ろされ、肉のついていない、白く華奢な腿が露わになっている。でもこれは、ほぼ毎日のことだった。

「な、俺の、しゃぶってくれよ。ゼンちゃん」下世話な笑い声が響いた。

「浩明、見ろよ。こいつ、勃ってやがる! トランクス濡れてる」

この作品の続きは外部にて読むことができます。

2018年3月29日公開

© 2018 牧野楠葉

これはの応募作品です。
他の作品ともどもレビューお願いします。

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

純文学

"最愛の相手を殺せ"へのコメント 2

  • ゲスト | 2018-03-29 22:09

    過去はひきこもり、現在はその過去を取り戻すために毎日がテンパっている。
    焦りながら生きる自分にはなかなか書けない雰囲気の話です。
    こう言った作品が求められる、そして好まれる傾向もあると私は思っています。
    「まあまあ」よりも振り切りまくった作品を書きたいですね!

    • 投稿者 | 2018-03-29 23:22

      大和さん、ありがとうございます!もっと振り切りたいですね!

      著者
コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る