黒いベッド

Blur Matsuo

328文字

初投稿です。
普段は小説書きですが、現代詩に挑戦してみました。
ご感想など頂けば幸いです。

彼女と繋がれていた糸は切れた

 

初めから見えていなかったものを

 

あるように錯覚していただけなのかもしれない

 

それでも互いに笑い合えた瞬間を

 

あの時の輝きを信じたかった

 

それぞれの道は交わることなく

 

ただあてもなく伸びていくだけならば

 

一体何のためにこんなに長く苦しい道を進むのか

 

もうこれ以上は進めない

 

静かに陽が昇るのを待とう

 

それまでは何も考えずに深い眠りにつきたい

 

小石の転がる硬いアスファルトでも

 

体を横たえて目を瞑れば

 

暗闇のベッドが深淵へと迎え入れてくれるだろう

2018年10月29日公開

© 2018 Blur Matsuo

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"黒いベッド"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る