花盛りの季節

ヘルスメイク前健

小説

847文字

2008年作品。『唇は赤ければ赤いほど赤い』収録。

オーイエー! あの時、あの娘は十七歳だった。

私は、誰もいない海でふたりの愛を確かめたかった。

もし彼女が十五歳だったならば話は別だ。盗んだバイクで走り出すことを優先したであろう。何はともあれ、私はあの娘と誰もいない海で愛を確かめたかったのだ。強い衝動を持っていた。

あの頃から長い年月が経った今でも、彼女の前髪の垂れ下がり具合や二つに編んだ横髪(後ろにひとつだけ編んでいたこともあった)、額の中央やや右寄りに付いていた黒子、なかんずく決して派手ではないが全く屈託のない笑顔を鮮明に思い出すことができる。「人生の幸福」をいつまでも記憶に留めておける人間の脳の玄妙なること!

あの娘に初めて会った日は、とうに桜は散り、そろそろ紫陽花が咲く時分であった。花鳥風月に無頓着な私だが、やはりこれまた覚えているのだ。嗚呼、床しい。彼女は私の言動に対して、いちいち笑みを浮かべた。「クスクス」という嬌笑をも伴い。私は十七歳の少女に菩薩を見たような心持ちだった。

なぜかあの娘は私の腕をすりぬけようとした。私はこの時とばかりに彼女の手を握りそして抱きしめてダンスをした。真っ赤な太陽の下で一日中踊りまくった。彼女の踊りは最高にイカしていた。私のダンスも人生最高のものだったと思う。

体を揺すり踊って踊って……踊った。二人は鴎になったようだった。興奮が極まり、ツイストし、大きくシャウト。大きな風が吹いていたけれどもどこ吹く風。びくともしないでツイスト&シャウト! 真夏の白昼夢。

あの娘はあの時生きていた。

今となっては彼女の行方は知らない。蒲公英の咲く季節に、彼女はどこかへ旅立った。美しきものは一つの場所に居続けるわけにはいかない。

そういうわけだから、あの娘は私の心の中では永遠に十七歳なのだ。少女はやがて大人の女になるのであろうが、彼女は私にとって永遠の十七歳、そして菩薩なのである。花も実も咲かない極寒の真冬に、そのような思い出を懐かしむ。ウクレレを弾きながら。

あの娘はあの時生きていた。

オーイエー! オーイエー!

2023年3月19日公開

© 2023 ヘルスメイク前健

読み終えたらレビューしてください

著者

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


5.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

"花盛りの季節"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る