前田健作『目玉ポップ』

目玉ポップ

ヘルスメイク前健

小説

613文字

ショートショートです。お気軽にどうぞ。

双眼鏡を手に取って窓外の景色を見やる。目の保養。初夏の濃い木々の葉、大いに羽ばたく鳥の様子など。目の保養。

保養を通り越したモンを発見。隣に住む、うら若きネーチャンの生着替え。覗くつもりはなかったが、俺、凝視。人は皆、罪悪を抱えて生きていくのですね。

凝視しまくり稼働しまくりの俺の目玉は双眼鏡を通り抜けてレンズを突き抜けて飛び出した。ポーンと。目玉ポップ! それくらいの力が隣のネーチャンの裸にはあったのよ。

飛び出た目玉は、右のほうが自宅前の道路に、左のほうが路地裏に落下した。俺の視覚はNHK。「Nanka Henna Kanji」。

困ったな。

てな事を思ってたら、右目は軽乗用車に轢かれて潰れた。ぐちゅっと厭な音がした。俺は右目の視覚を失った。つうか右目自体を失った。

 

悲しんでいる時間などはない。人生は短い。せめて左目は取り戻さねば。

とはいえ、左目に見えるのは路地裏に捨てられた生ゴミのたぐいなどで、しかも地面に転がって制止している目玉の視力をアテにしては身動きが取れないのである。

俺の顔の、目玉があった場所には意味なくウナギがニョロニョロ侵入してい、実に閉口。

そんなうちに、お魚くわえたドラ猫が、人間の目を賞味するのも一種の風流だよね、と言わんばかりに俺の左目を口にした。猫に目玉を食われるとは俺も落ちぶれたもおのだ。

困ったな。

俺は何も見えずに。呆然とするしかなかった。

 

日本には二億四千万の瞳があるという。

2022年7月2日公開

© 2022 ヘルスメイク前健

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"目玉ポップ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る