アビガン、イベルメクチンで自己治療した結果集(2)ー2

moonkaguya

小説

4,001文字

「イベルメクチン善意のマルチ商法」キャンペーン T氏からの報告です。

イベルメクチン欲しい

 

8月26日(木) 3:44 (5 日前)

 

こんばんわ。夜分に失礼致します。今月19日にコロナ陽性が判明し、今に至るまでに回復の兆しがありません。毎日のように熱が上がったり下がったりで、当然病院からも保健所からも意味のない対処療法のみで、仕事復帰もできるか不安です。是非この不安な毎日から解放される日を夢みて、藁にも縋る思いでメールを送らせていただきました。ご多忙な毎日をお送りかと思いますが宜しくお願い致します。

 

8月30日(月) 23:29 (37 分前)

 

ご多忙の中、失礼致します。イベルメクチン無事に届きました。そして使用した結果をお伝え致します。19日に発症してから時間が経過しており、効くのか不安はありましたが、27日夕方に使用し、翌日28日には見事に熱が下がりました。正直驚きました。熱もそうですが、鉛のようだった身体が急に、解き放たれたかのように軽くなり、正常に近い状況になったことが一番驚きました。現在は平熱に戻り、保健所から許可が下りれば、明日から仕事復帰できます。先生には本当に感謝しかありません。ご多忙の中、見ず知らずのわたしの願いを叶えていただき、労力をかけさせてしまい本当にすいません。心から感謝しております。先生からいただいた、直筆のこの封筒は一生の宝物にしたいと思います。本当にありがとうございました。

 

驚異的な回復ですね。間に合ってよかった!

2021年8月31日

なぜ、ここまでイベルメクチンによる「初期治療」を妨害しようとするのか?

 

菅義偉の政権が、国民の敵であり、大量破壊兵器である殺人ワクチンの接種を国民に強制する目的で、イベルメクチンの普及を妨害している。

 

「そんな馬鹿なことがあるか!」と思っていたみなさんも、ここまで激しい妨害が続くと、そろそろ、真実がどこにあるか覚醒する時期でしょう。

 

↓このドクターも100%正しい行動を取られて、確信犯の保健所長から半狂乱の妨害を受けた。だが、この流れは止められない。「初期治療にイベルメクチン」と、日本中のドクターが始動してくれれば、世の中は変わる。そして、我々は、イベルメクチンを必要な人に配ることを継続拡大する。受益者にもイベルメクチンを個人輸入し、困っている人に配ることをお願いする。お願いするまでもなく、受益者は薬のありがたみを知っているから、率先して、薬を備蓄する。これでいいと思います。

 

https://www.facebook.com/groups/ivermectin2/posts/171247311754947

 

Shingo Karasaki Noguchi 6時間前

ちょっと聞いてください。。。警察沙汰になりました。。。

富士市市役所市長室の紹介で、富士市保健所に行って来ました。現在、コロナ感染者への診療医師が足りなくて困っていたとのこと。

自宅待機者に初期治療を勧めたいと言いました。ビタミンCとビタミンDとイベルメクチンを個人輸入して服用することを説明したいと。オンライン診療は初回は無料でするので、自宅待機者を紹介して欲しいと。

では、オンライン診療のために診療所開設届を出してください。開設後10日以内ならいつでもいいです。今日からでも、診療は始めていただけます、とのことでした。

そして、薬のことは分からないので、保健所所長(医師)と少し話してください、と保健所所長室に通されました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

保健所所長は、すごく高圧的な人で、まずいきなり、「往診して、呼吸管理やステロイド治療をするんだな!」と言いました。

私は答えました。「在宅で呼吸困難になった人を在宅酸素濃縮器で管理することは難しいです。入院して病院ですべきだと思います。ステロイドパルス療法も、在宅でするには、血糖管理をどうやってインスリン注射でするのですか?そういう重症患者は入院して集中管理しなければ、在宅では死んでしまいます。」

保健所所長は、機嫌悪くなり、ポツンと言いました。「在宅医師はみんなやっている。。。」

私は言いました。「今、必要なことは、すぐにでも初期治療を開始することだと思うんです。FLCCCという世界医師連盟が、実際に世界中でコロナ治療を何千万人も行なって、やはりイベルメクチンとビタミンC、ビタミンDなど、今手に入る薬やサプリメントで良い成績を実証しています。今、自宅で待機している感染者の中には、発展途上国でよく効いたイベルメクチンを試してみたい人がいると思うんです。でも、ほとんどの人が、知らないので、何もせずに自宅でただ時間を過ごしているんです。イベルメクチンや大量のビタミンC、ビタミンDがコロナ感染症の重症化を抑制し、感染している期間を短くすることを伝えたいんです。今、国産のストロメクトールは、もう在庫がありません。ですから、インド製ジェネリックを個人輸入して服用する人が増えています。富士市の患者さんにも、個人輸入して服用することを説明したいんです。」

保健所所長の顔色が変わりました。「そんな治験も終わっていないイベルメクチンを使用することは、私の管轄する地域では絶対にやらせない。保健所所長の権限で、あなたの診療所の開設届を受理しない!」

私はビックリしてしまいました。「イベルメクチンは治験が終わっていないというのは、日本だけです。北里大学で今行っていますが、20年以上、世界中で使われて来たジェネリック医薬品です。インドでもう十分な治験結果は出ています。」

保健所所長は、「それは日本人の治験じゃないだろう?白人と日本人は違うんだ!私はUCLAの教授だったんだ。大村教授のことはよく知っている。お前は大村教授を知っているのか?知らないじゃないか!出て行け!出て行かないと警察を呼ぶぞ!誰か!警察を呼べ!こいつが出て行かない!」

大声で保健所所長室から叫ぶのです。

私は、ビックリしてしまって、「診療所開設届を受理しないとは、どういう理由ですか?説明してください。私がイベルメクチンを処方するわけではありません。患者さんに情報を提供し、患者さんの自主的な服用を助けるだけです。」

保健所所長は、「うるさい!警察を呼べ!」と大声で保健所中を歩きまわりました。

保健所職員たちがビックリしていると、保健所所長は、自ら電話を取り、警察に電話しました。

私は、とっさに携帯でビデオを撮り始めました。この保健所所長の発言や行動の異常さを、記録に残し、富士市市民にYouTubeで訴えようと思いました。

その後、警察が来て事情聴取です。保健所所長は、嫌がらせで、私が勤務する病院に警察から電話をかけさせました。病院の事務長から電話があり、大騒ぎです。

警察の人に、富士市市役所の市長室から紹介されて、コロナ感染者へのオンライン診療のことで、保健所が歓迎してくれるとのことで話を聞きに来たことを話しし、保健所所長室に通されて、保健所所長にイベルメクチンによる初期治療のことを話すと、急に怒り出して、開設届を受理しない、と言い出し、どんな理由で開設届を受理しないのか?聞いていると、出て行け、警察を呼べ、と怒り出したことを話ししました。

保健所所長は、警察に、私がイベルメクチンを投与するので、感染者の名簿リストをよこせ、と言って保健所所長室に居座っている、と嘘をつきました。

警察も事情が分からなくて、戸惑っていました。

保健所所長は、私に携帯のビデオを消すように、警察官5人に、私に迫らせましたが、私は拒否しました。

「これをFacebookとYouTubeなどで共有し、富士市民と全国のイベルメクチン理解者に問いたいと思います。」

と私がいうと、保健所所長も警察も大慌てで、「ビデオを消すように、公表すると、個人情報の侵害になる」と、私を脅します。

私は言いました。「これは私を守る証拠でもあります。私がただ、自宅待機者にイベルメクチンの情報を届けたいと言っているのを、保健所所長が妨害するのです。どちらが正しいか?多くの人に問いたいです。大きなニュースになると思いますよ。イベルメクチンことで、今日本は国会やテレビで大議論になっている最中ですから。」

病院の事務長に呼び出され、警察から電話がかかって来たこと、保健所に悪い心象を与えたと、叱られました。私がイベルメクチンの情報を富士市の自宅待機者に伝えたいだけだと、市長に相談して、保健所を紹介されたことを説明したのですが、

解雇すると脅しを受けました。明日、もう一度よく考えて、面談をするようです。

私は富士市市役所市長室に電話し、事情を病院事務長に説明するために電話してくれるようにお願いしました。明日、かけてくれるそうです。

市役所の話では、この富士市保健所所長 鉄医師は癇癪持ちで、すぐに切れるそうです。職員をよく怒鳴って怒っている、とのことでした。

ーーーーーーーーーーーーーーー

富士市保健所所長 鉄医師が典型的なアカデミア医師でした。

富士市保健所との協力は不可能に近いです。

警察の立ち合いの中で、保健所所長は、冷静を装い、「それは野口先生がクリニックを開業して、ご自身の医師としての責任の中でやれば良い。富士市保健所はいっさい関与しない。これ以上は静岡県の健康福祉部に行って訴えて欲しい。」と言っていました。

私は、鉄所長に、「保健所所長任期はいつまでですか?」と聞きました。この鉄医師がいる限り無理だな、と。

鉄医師は答えました。「任期はありません。私が辞めるまで、保健所所長は私です。」

ーーーーーーーーーーーーーーー

玉砕しました。。。

保健所所長という大きな壁があります。

2021年8月31日

2022年6月29日公開

© 2022 moonkaguya

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ミステリー

"アビガン、イベルメクチンで自己治療した結果集(2)ー2"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る