らるら

かきすて(第20話)

吉田柚葉

小説

3,447文字

久しぶりに書きました。別に書かなくても良かったかなと思いました。

開店三十分まえ、店の電話が鳴った。ふありからで、辞めるとのことだ。入ってまだ三日目である。この娘はつづきそうだとにらんでいたのだが、私のそういう予想はまずはずれる。

後日メイド服を店に郵送してくれとだけつたえて電話を切った。ふと、ふありは美人すぎたのかもしれないと思った。

私は気持を切りかえて清掃にもどった。掃除機をかけて、ていねいにテーブルを拭いた。控室にいる女の子たちに声をかけて、ソファー席のちかくで朝礼をはじめた。朝礼と言っても、十一時をすぎている。開店からシフトが入っていたのは、うーにと、ちままと、あやと、ぱっちゃんだった。

さくばん研究してきた、不美人でもかわいく見える魔法のポーズの手本を見せて、「このとおり、俺がやってもまったくかわいくないけど、君たちがやれば萌え萌えだから。自信を持ってやるように」と言った。キモーい、と口ぐちに言われた。しかし、あんがいとこの娘たちは、私のはなしを聞いているのである。

開店から二十分ほど経ってから、らるらが出勤した。半袖Tシャツの袖からのびる腕に、おそらく十ではきかない数の、ためらい傷が見られた。
「おはよー、くまさん」
「おはよう、遅刻だよらるら。腕の、すごいね」と指摘すると、ええーすごくないよーとかえされた。「お客さんには見せないようにしようね。ちょっと暑いけど、きょうは長袖を着てくれるかな」

らるらはうなずいた。
「らるら、もしかしたらわすれてるかもしれないけど、きょうは客ひきの日だよ。やってくれるかな」
「えー、やだー。なら、かえる」

私は苦笑した。
「じゃあ、とちゅうまで俺がついていくから、それならやってくれるかな」
「わかったー」

店長に事情をつたえてわれわれは店を出た。「駆け落ちだけはしてくれるなよ」と言われた。じょうだんめかしてはいるが、げんにそんな前例などいくらでもあった。

中央通りへとつづく道をメイド服のらるらとあるきながら、秋葉原はうつくしい街だと、つくづく思った。平日ということもあって、人どおりはまばらだが、じっさい、人どおりがあってもなくても、この街には生気がない。主体がない。いわば、ゼロとイチでできた街なのである。
「きょう、ふありきてないね」

とらるらがつぶやいた。
「ふありは辞めたよ」

2021年4月10日公開

作品集『かきすて』第20話 (全40話)

かきすて

かきすては2話、14話、24話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2021 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"らるら"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る