Adan #50

Adan(第50話)

e.s.

小説

1,470文字

チェリーボーイハンターの摩子〈9〉

僕は彼女の前から逃げ出したことを重ねて謝罪した。そしてたとえ翼が生えてきてももう逃げることはないと摩子に誓ったんだ。ちなみにレストランがホテルの一階にあることも僕は摩子に言われるまで分かってなかった……。

 

「亜男くん、この世界はフィクションなんじゃないかって思ったことある?」

 

いきなり摩子はそんなことを僕に訊いたんだ。僕はこう答えたのさ。

 

「いつも思ってるよ。僕の人生が虚構じゃなかったらあまりに不条理だもの」

 

「このノンフィクションだと思ってる世界がフィクションなら、その書き手はどんなやつなんだろうとか考えたことは?」

 

「そこまで考えたことはないね。いま思ったことだけど、仮に僕を書いてるようなやつと知り合う機会があっても、僕はそいつと友だちになりたいと思わないなあ」

 

「亜男くんの書き手さんだってそう思ってるかもよ。『亜男くんとは友だちになりたいと思わないなあ』って」と言って摩子は笑った。そして続けた。「君の書き手さんは君に嫌われることが正解だと思ってるのかもね。何にせよ、もし亜男くんの人生がフィクションなら大した書き手さんじゃないわ、悪いけど」

 

「とにかく良心的な書き手に書かれたかったよ、僕は」と言って僕は笑った。

 

「『とにかく良心的な書き手に書かれたかったよ、僕は――と言って僕は笑った』とタイプした亜男くんの書き手さん」と言って摩子は微笑んだ。摩子のその台詞に僕は大笑いしたんだけど、彼女はふいと真顔になってこう言ったのさ。

 

「でも、亜男くんを書く意味って何なのかしら?」

 

「書き手をかばうわけじゃないけど」と僕はあごに手をあてて言った。「それを書き手に尋ねるのは酷だよ。キーボードを叩く手が震えるさまが目に浮かぶもの。ハハハ。登場人物にフォローされたら書き手は終わりだね。ハハハ。意味なんてないと思うよ、きっと。と、いま僕にそう言わせたってことは、やっぱり意味などないってことなんだよ、うん。意味があるならこのかぎかっこ内で僕に何か言わせるはずだし。まあそんなことより、僕は君の書き手のほうが気になるね」

 

「私に書き手なんていないわ」と摩子は僕をじっと睨んで言った。「この世界がフィクションだなんて私は思わないもん。もしフィクションなら、亜男くんの物語の脇役として私を登場させてほしい。そしてもう二度と私を登場させないでほしい。まあ亜男くんの書き手さんが私を書けるわけないんだけど――あ、気を悪くしないで、亜男くん。私は自由でいたいだけなの」

 

「君は自由さ。今までもこれからもね。君はチェリーボーイハンターにもなれるし、ピッグ・ラテンをブタの鳴き声に音訳することだってできる。僕だって自由さ。不自由なのは僕を書いてるかもしれない書き手だけだよ。僕を書かなくちゃいけないんだから」

 

「それじゃあ亜男くん、もう私が君の物語に登場しないよう君は君の書き手さんを説得できる?」

 

「もちろん。全力で説得するよ。僕の書き手が君を書くなんてそんなこと絶対にあってはいけない。でもさ、もうこれ以上この話を広げるのはよくないんじゃないかな? 君にとっても僕にとっても。僕の書き手にとっても」

 

「逃げるの?」

 

「『うん』と書き手は荻堂亜男にそう言わせた」と言って僕は笑った。と、タイプしてる僕。

 

つづく

 

Photo by ⟁⨃.... from Pexels

2020年8月13日公開

作品集『Adan』第50話 (全58話)

© 2020 e.s.

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア

"Adan #50"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る