佐々木、愛なのか?(3)

佐々木、愛なのか?(第3話)

青井橘

小説

4,259文字

牧夫が歪んだ口元に、硬い微笑みを浮かべ立っている。

「五千円」
「ああ」
 佐々木晴男は差し出された紙幣を受け取った。自分が債権者であることは常に頭の片隅にあったが、いつ返済されるかわからない金の事で、無駄に悩んではいなかった。
「遅くなった」
 牧夫は言いながら、スニーカーを脱いで部屋に上がろうとしている。佐々木晴男は身を逸らして牧夫を迎え入れた。一枚しかない座布団を引き寄せて、牧夫は座る。佐々木晴男も机を背に、牧夫と斜め向かいに座った。
「今日休み?」
「晴男君、世の中日曜日ですよ」
 そうか。
 佐々木晴男は納得して、僅かな雑誌の並んだカラーボックスの上に置いてある、何かの景品でもらった丸い置時計を見る。日曜の午前九時半に、高校のクラスメートの家にやってくる牧夫は、不満そうな目付きをしていた。
「なにしてた?」
「別に。なんとなく」
「相変わらず金勘定か。病的ですね」
「仕事忙しいの?」
「さぁね」
 大学を去年卒業した牧夫の勤め先は携帯電話会社だったと思うが、仕事の内容は知らない。ただ休みが週に一日しかない事への愚痴は、何度か聞いていた。
「ていうかお前さ」
 牧夫は膝歩きでカラーボックスに進み、雑誌を一冊抜き取りながら言う。「写真クラブ」というその素人盗撮写真雑誌は、他ならぬ牧夫が置いていった物だった。
「何回も言うけど、ケータイくらい持てば? 今時部屋のドア叩くって、マジ昭和かよ」
 顔なしの女の乳房や、階段下から狙った下着などが撮られた写真のページが、牧夫の膝の上でめくられていく。
「必要になったら」

2012年7月26日公開

作品集『佐々木、愛なのか?』第3話 (全8話)

佐々木、愛なのか?

佐々木、愛なのか?は1話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2012 青井橘

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

オススメ 孤独 官能 無職

"佐々木、愛なのか?(3)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る