佐々木、愛なのか?(2)

佐々木、愛なのか?(第2話)

青井橘

小説

2,974文字

佐々木晴男は今、朝の六畳間で六年前の[おこづかい帳]を感慨深げに眺めている。八冊の大学ノートは同じ大きな茶封筒に入れられているため、いつでも取り出す事ができるのだった。

佐々木晴男にとって、その少し表紙が擦れて剥げているノートに書かれている文字と数字は、まだ未成熟なものとして映っている。平仮名や漢字にはどこかしまりがなく、走りすぎているように思えた。特に数字のゼロに注目すれば、明らかに隙が多い。一万円の最後のゼロが、わずかだが下にずれているし、楕円の空洞部の面積が微妙にそれぞれ異なる。しかし何より佐々木晴男の興味をそそったのは、過去の自分の微笑ましさだった。

 

摘要・・・・拾った!

収入・・・・1

残高・・・・1,662

 

摘要・・・・ギザ十発見!

支出・・・・10

残高・・・・1,652

 

2012年7月15日公開

作品集『佐々木、愛なのか?』第2話 (全8話)

佐々木、愛なのか?

佐々木、愛なのか?は1話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2012 青井橘

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

オススメ 孤独 資本主義 青春

"佐々木、愛なのか?(2)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る