Adan #18

Adan(第18話)

e.s.

小説

1,264文字

僕にキスしたのは誰?〈7〉

「転べ!」

 

僕はタクシーを降りるや否や、そう叫びながら全力で疾走する羽目になった。そうなったわけは、デパートの二階にあるゲームセンターへと続く階段――その階段を利亜夢とモラちゃんが駆け上がって行ったからさ。僕はその二人を追いかけたってわけ(よそさまの子供の子守までなおざりにできないよ、いくらなんでも。子供嫌いの僕といえどもね。「転べ!」とは言ってしまったけれど)。

 

「亜男、財布ちょうだい」

 

ゲームセンターの出入り口の前で利亜夢がそう言ったとき、僕はせわしく呼吸していた。なので言うまでもなく、僕は自分の命を優先した。つまり先に呼吸を整えさせてもらった。

 

ある程度呼吸が安定してきたところで、僕は利亜夢とモラちゃんに小遣いをあげた。一万円ずつ。さすがに財布は渡さなかった。それから僕は二人にこう警告した。彼らのためさ。

 

「このゲームセンターから一歩でも出たら、国境警備隊に射殺されるものと思え」

 

大きなゲームセンターだったけど、出入り口はひとつしか見当たらなかった。ゆえに「この出入り口付近にいれば亡命者を撃ち殺せる」と僕はそう思って、出入り口の前にあったベンチに腰掛けた。要するに僕はそのベンチで子供たちの遊戯欲が満たされるのを、「満たされるわけがない」という絶望感を持って待つことにしたってわけさ。あとそれと同時に、買い物を終えたヒカルさんとデートできるかもしれないという希望も同じ手にしっかりと握りしめていたけどね。

 

僕はそれから二時間くらいゲームセンターの出入り口の前にいた。僕がその二時間なにをしていたのかというと、ずっとiPhoneでオンラインカジノをしていた。もちろんゲームセンターの出入り口のチェックは怠らなかったさ(もちろんですとも!)。あとついでに言っとくと僕はその二時間、頭の奥の物置に押し込んだキスの問題には触れなかった。ゲームセンターから漏れてくる音がやかましくて、そのような大問題と闘える状況じゃなかったんだ。

 

「子守をほっぽり出してオンラインカジノとはな。男らしいとこあるじゃねえか、亜男。我那覇がなは真子まさこの次に男らしい」

 

姉にそう言われたのは利亜夢とモラちゃんに小遣いをやったその二時間後のこと、すなわち僕がオンラインカジノの〈クラップス〉によって精神をスクラップにされていたときさ。顔を上げると、姉は僕の傍らに立っていた。その姉の顔を見ると、彼女は自身の巨顔に「不愉快」という文字をこれまた大きく書いていた。

 

ショッピングバッグを持った姉の背後には同じくショッピングバッグを持ったヒカルさん、そして利亜夢とモラちゃんも立っていた。利亜夢はその風貌がまるで天使のようなフェネックの体長くらいあるバットマンのジョーカー(ヒース・レジャーだ)の首振り人形バブルヘッドを抱えていた。その人形がゲームの景品だったことと、ゲームセンターの出入り口がひとつじゃなかったことは無論あとになって分かったことだ。

 

つづく

2019年10月17日公開 (初出 https://note.mu/adan

作品集『Adan』第18話 (全59話)

© 2019 e.s.

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア

"Adan #18"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る