Adan #17

Adan(第17話)

e.s.

小説

1,076文字

僕にキスしたのは誰?〈6〉

僕は部屋に戻った直後、なぜわれに腕を二本しか与えなかったのだ、とそんな理由で神を呪った。というのも、僕は右手に持った電動歯ブラシで歯磨きを、左手に持った電気シェーバーで髭剃りをしたんだ、トイレで。そう、お尻を拭う手が絶対的に不足していたのだ。

 

でも、僕はめげなかった。お尻を拭う作業を放棄しなかった。諦めなかった。その結果、僕は二本しかない腕で見事にその三つのミッション――つまり歯磨きと髭剃りとお尻拭きを完遂したのだ。

 

僕はヒカルさんの夫役おっとやくとして恥ずかしくないシックな格好に着替えた。白のワイシャツに黒の七分丈パンツを合わせた。頭はオールバック[注1]にしてみた。それから僕はジョルジオ・アルマーニの香水をふり、気持ちを作って備瀬家の部屋に帰還した。ここまでに要した時間は、一分五十秒。

 

僕は約束どおり二分以内に戻って来た。でも一同揃って部屋を出たのは、それから三十分後のことだった。どうしてかというと、あのブス姉の無意味な身支度が三十分もかかったのだ。しかも僕はその三十分間ヒカルさんと話をするのも叶わなかったばかりか、顔を合わせることすらできなかった。ヒカルさんは姉の身支度に付き合わされて、衣装部屋から出てこなかったんだ(軟禁だ!)。そんな横道おうどうな姉の支度を待っているそのあいだ僕は何をしていたのかというと、居間でチャッキーに足を噛まれながら利亜夢とモラちゃんの手にした水鉄砲の的になるという苦役を強いられていた。

 

僕が備瀬家の部屋に戻って来て三十五分後、一同はようやく那覇市にあるデパートへタクシーで向かった(そのデパート内に利亜夢の行きたがっていたゲームセンターがあるんだ)。我々は二台のタクシーに分乗して行った。姉とヒカルさんの二人、僕はモラちゃんと利亜夢(モラとリアムってわけか……)と一緒だった。僕はヒカルさんとの疑似夫婦デートに胸を躍らせていた。だから車内ではしゃぐ利亜夢とモラちゃんの戦闘機のような声は一切気にならなかった。いつも胸を躍らせていれば本物の戦闘機のそれも気にならないのかもしれないね。

 

「やんちゃで世話し甲斐のある利亜夢とモラちゃんの子守をさせてやるよ、亜男。私とヒカルは買い物してくるから」

 

姉がそう告げたのは僕がクレジットカードでタクシーの乗車の支払いを済ませたときだった。姉のその声色には気が咎めるといった色彩が皆目なかった。ちなみにそのときヒカルさんは姉の背後で僕に向かって敬礼ポーズをとっていた。

 

つづく

 

[注釈]

1.オールバック

2019年10月16日公開 (初出 https://note.mu/adan

作品集『Adan』第17話 (全58話)

© 2019 e.s.

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア

"Adan #17"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る