Adan #19

Adan(第19話)

e.s.

小説

1,446文字

僕にキスしたのは誰?〈8〉 #しれっと不定期連載にシフト #楽しい人になりたいです

「それに亜男、お前この子たちに一万円ずつ渡したって? 大したもんだ。ママの悪いところまでしっかり継承するとは」と姉が言った。

 

僕も不愉快という文字を自身の顔に書いた。金をせびり取られて皮肉を言われる筋合いはないし、子守をほっぽり出したのは姉のほうだし、おまけに利亜夢が左の口角を上げて僕を見ていたし。

 

「亜男くん、君はもぎたての果実ではなく、もぎ取られたての枝のほうだったんだね。残念」とヒカルさんが言った。無表情で。

 

僕は顔に書いた不愉快という文字を慌てて消した。そして〈誤解〉という文字を顔に書いてヒカルさんに見せた。でも、ヒカルさんはその文字を読み取れなかったみたいだ。筆跡に問題があったのかも。

 

その数分後、ヒカルさんとモラちゃんとはそのデパートのタクシー乗り場で別れた。タクシーに乗ったヒカルさんに僕は手を振り続けたけど、ヒカルさんは僕を一切見てくれなかった。不本意ながら擬似夫婦喧嘩みたいなことはできたわけだ。

 

僕は姉と利亜夢と三人でタクシーに乗った。怒りが込み上げてきたのはそのときさ。僕はタクシーに乗ってそれから気づいたんだ。ヒカルさんに嫌われたのはみんな利亜夢のせいだってことに。だから! だから僕は利亜夢がその行動をとったとき、野蛮とは思いつつも大声で彼を叱ったのさ。

 

利亜夢が何をしていたのかというと、彼はヒース・レジャーのその落ち着きのない頭を昼間にエビの頭をそうしたようにもぎ取りにかかっていたのだ。ちゃんとした大人[注1]なら、その場面を目撃した瞬間に彼を叱りつけるよね? 僕もちゃんとした大人であるがゆえに彼を叱りつけたってわけなんだ。

 

しかし、だ。僕は利亜夢にしてやられた。僕の説教を遮って、この悪童はこんなことを言い返しやがったんだ。

 

「ジョーカーは人殺しの悪い奴なのに、どうしていじめちゃいけないの?」

 

車内に笑い声が響いた。利亜夢のその発言を聞いて姉とタクシードライバーのおじさんが馬鹿笑いしたのさ。それこそジョーカーみたいに。

 

僕はというと、利亜夢に一本取られて閉口してしまった。それこそバットマンみたいに(情けない!)。そんな僕を見て、姉が追い撃ちをかけるように言った。

 

「利亜夢にも分かる言葉で理由を教えてあげてくれ、亜男。なぜ人殺しのジョーカーをいじめてはいけないのか、その理由を」

 

僕は姉の存在を架空請求扱いすることにした。つまり姉のその発言を無視した。

 

僕はタクシードライバーのおじさんに足元のブレーキと口元のブレーキをかけるよう言った。するとおじさんはすぐさま相棒を路肩に寄せた(口元のブレーキはかけなかった……ちくしょうめ!)。

 

僕はタクシーを降りた。

 

ゆっくりと歩いて遠ざかっていく僕の背中を、姉と利亜夢とタクシードライバーのおじさんが見ているだろうと思った。だから僕は電子葉巻エレクトロニックシガーを吸ってその煙を吐き切ったあと、背中に大きくこんな文字を書いたんだ。

 

不愉快、と。

 

つづく

 

[注釈]

1.ちゃんとした大人

 

 

※風邪さんの僕に対する愛が深すぎる。これまで過去にお付き合いしてくれた彼女達の誰からもこんなに愛されたことはないのでは……。深い愛とはどういうものなのか、まさかそれを風邪が教えてくれるなんて思ってもみなかった。あと、今週は涙活しすぎました。

2019年10月19日公開 (初出 https://note.mu/adan

作品集『Adan』第19話 (全45話)

© 2019 e.s.

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア

"Adan #19"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る