タグ: カフカ 9件

  1. ここにいるよ(26) ここにいるよ / 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 688文字

    編者による異言――あとがきに代えて

  2. ここにいるよ(24) ここにいるよ / 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 11,613文字

    『おまえは性という贈り物で一体何をしたのだ? 失敗だった、と結局は言われるだろう』――カフカは日記の中でそう自問している。「私」の追憶は徐々にあけすけなものになっていき、ミユキとのすべてについて…

  3. ここにいるよ(22) ここにいるよ / 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 715文字

    編者による異言――仮説に代えて

  4. ここにいるよ(18) ここにいるよ / 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 9,170文字

    長い思索の末、「私」はついにある一つの答えに至る。そもそも、なにを語るべきだったのか。迂遠な遠回りしか、真実にたどり着く道はない。

  5. ここにいるよ(17) ここにいるよ / 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 11,188文字

    教誨という救いを見出した「私」をある欲望が捉えていく。聖書にのめり込んでいくほど浮かび上がってくるマサキと「私」の類似点が、「私」に何かを書かねばならないという気にさせていく。

  6. ここにいるよ(13) ここにいるよ / 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 8,721文字

    警察に捕まった後もなお、「私」は彼が愛したものについて書き続ける。新展開の第2章。

  7. ここにいるよ(11) ここにいるよ / 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 5,911文字

    警察の捜査に協力する「私」だったが、マサキのことが気にかかり、独自に調査を開始することになる。やがてマサキを「城」の近くで見つけることになるが、マサキとの対話は徐々に狂気を帯びていく。

  8. ここにいるよ(7) ここにいるよ / 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 5,667文字

    Mに手紙を出した「私」のもとに彼女の母から返事が届く。「私」はその指示通り捜索を開始するが、奇妙な人物達との邂逅ばかりを繰り返し、なかなかMにたどり着くことができない。

  9. ここにいるよ(1) ここにいるよ / 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 2,038文字

    編者による異言――序に代えて