太陽の死骸と月のシンクロニシティ 

GLASS

エセー

189文字

自由な夢を抱いて滅ぶがいい(興味を持てばプロフィール欄のユーチューブを見てください)  

理屈はいらない。

太陽は沈んだ。

浮かび上がるのは、クラゲの群れだけ。

太陽の死骸。

僕はこれを望んでた。

これを見るために生きてきた。

太陽が死ぬなら世界は変わるはずだ。

王と女王がSEXするなら、時の針が振り切れる場面ということ。

太陽は今日も昇る。

これはすべて妄想。

妄想がすべてを変える日は来るのか。

太陽の死骸はオレンジの缶詰の腐った匂いがした。

この匂いならすべてを変えれるかもしれない。

2020年4月13日公開

© 2020 GLASS

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ホラー

"太陽の死骸と月のシンクロニシティ "へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る