2

an-non

636文字

2という数字はなんだかずるい気がします、ずるい気がするのです。 そんな2に実は憧れているのも事実です。 そんな私の唇から零れ出した2への気持ちをつらつらと書き連ねました。

包まれる感触の中眼を醒ますけれどたしかに、今しがた夢の中で私は刺された、刺されたのだ鋭利な刃物で。それはまるでトマトにフォークを突き刺す感触、ぷちゅっと中身が、そう中身が色々と零れてやるせない。ああ今夜は満月なのだなぁ、とふっと思う瞬間に唐突に、気づけばいつも刺されているのかもしれない。赤い鮮血、青い肌、灰色の瞳、鈍い痛み。死は、それほど怖くないと誰かが粋がるそういうのはもういいんだって面倒くさいから。(うそぶ)いた分だけ得をするなんて法則は、この世には存在しないのだから。存在しないといえばこの私。存在している気がしませぬ。何時からか。まるで水母のように水面を漂う呼吸は皮膚から出来るようになれば良い、そうそれが良い。肺はすでに酸っぱいもので満たされているから。水母はまた海月と書きもするのであってそれはなんだかすごく心地よい字面、そういうのを好む私の心はまだ大丈夫。たぶん。

肺は二つ、手も二つ、足も二つに眼も二つ、耳も乳房も二つ二つというのはどういうわけか。

2という数字のその純朴さ、誠実さ、愚鈍さ、曖昧さ、曲線と直線の出会い。大事だから二つ持てばいいというのかい?なんだかそれは少し狡いよ。それならば私は潔く、心臓は一つで十分だ。二度死ぬなんてまっぴ らごめん。一度ですべて、捨ててやろう。

この世界にさよならを言う前に少し、夜の冷たい風で頬を撫でて愛でてすべて。

さてと正気に戻ったら、夢の中で殺された私のお弔いをするとしよう。骨はすべて、泡に還すよ。

2010年2月21日公開

© 2010 an-non

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

幻想 痛い

"2"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る