水回川頭鳥咥私

空想さん

小説

534文字

読んでいただけますと幸いです。

カラカラカラと水車が回って川底で頭を打った。
これで仕事が捗るかもしれないとオフィスでキーボードを打つ。
お客さんが全員戻って来た。
半裸である。
悲しそうだ。
見たことない悲しさだ。
でも川底はとても涼しい。
私に服は必要だ。
ダウンジャケットを重ね着する。
このオフィスはクーラーを効かせ過ぎている。
まるで冬のようだ。
この国は冬を殺したのにそれはおかしい。
お客さんは全員風邪を引いたまま帰っていった。
お客さんではなかったかもしれないと思い至ったがそれは考えないことにした。
ダウンジャケットをもう一枚重ね着する。
まだ残りはある。
すべての文字を打ち尽くしたのでキーボードがすり減って私の仕事が終わる。
やっとオフィスから出られる。
もう来ることはないのかと思うと切なさも溢れてくる。
右手に水車を持っていた。
最初から持っていた。
とても小さい。
見えるだろうか?
私の見てほしいものはいつもこんなに小さい。
オフィスから川底はとても近い。
繁華街の川底をじゃぶじゃぶと歩く。
東京もとても小さくなっていると感じる。
交差点が流されてきた。
交差点の真ん中で通行人と交差する。
突然、空を見ないでと通行人が叫ぶ。
だから私は空を見る。
鳥がローソクを咥えている。
ダイナマイトかもしれない。
多分、私のせいなんだろう。

2021年9月30日公開

© 2021 空想さん

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


3.0 (2件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ホラー ユーモア 散文 自由詩

"水回川頭鳥咥私"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る