刺さって

空想さん

小説

285文字

刺さってくれることを祈って。

今日にも月が落ちてくるよと、自分は太陽だと名乗る人物から告げられても信用できるわけがないんだけども確かに月は突き刺さってきて、人間であることをやめざるを得なくなって、でも太陽は笑っていて、月は慰めてくれて、自分はどこにもいなくて、それが悲しくて悲しくて、こんなに惨めに書かざるを得なくなって、太陽はそれを笑って、月も笑うようになって二人は帰っていって、地球はそのままでだから僕もそのままで、だからそれを書かざるを得なくなって、それはやっぱり悲しくて悲しくて、やはり自分のありのままを書かざるを得なくなってしまうんだろう。
悲しくて悲しくて悲しくてここに来た
んだってこと。

2021年9月30日公開

© 2021 空想さん

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"刺さって"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る