夕凪の部屋(6)

夕凪の部屋(第6話)

竹之内温

小説

6,434文字

同じスニーカー、狂ってしまった母の話、大学、ビートニクス、東京。言えずにいた思いが部屋の中でひっそりと強まってゆく。閉ざされた空間での思いを描いた傑作長編。

 

彼を見るとジーンズを脱ぎ、既に下着姿でコーヒーを飲んでいる。私は長く肩に掛かった髪を結う。もちろん下着姿ではうろつかない。

「真理子、俺ね、外国に行こうかなと思ってんの」

彼は煙草の煙と言葉を、天井に向かって吐き出す。

「いつ? どの位?」

「金が貯まったら半年位は」

「どうして?」

「見たいんだよ、ただそんだけ」

「何処の国に行くつもりなの?」

「まだ決めてないけど、暑くて暑くてたまらない国に行きたいな」

「いいなぁ、外国かぁ」

「いいでしょ」

彼はそう言いながら、私の肩に手をかける。

「私、生理なの。だからごめんね、出来ないの」

「何日目?」

「一日目」

「じゃあ量とか多いの?」

「うん……」

彼の一瞬の不機嫌な時の視線の逸らし方をもちろん私は見逃さない。

何故謝ったのだろう。先程の言い争いの際、自分の否を認めつつも私は謝らなかった。それが、この状況では易々と謝っている。

「昭君は癌で私の胸が片方無くなったり、目の病気で片目が義眼になったとしても私と一緒にいてくれるの?」

「真理子の胸や目も好きだけど、部分部分だけで見てる訳ではないからね。きっと一緒にいるよ。ごめんな、俺は別にしたいだけで真理子と会っている訳じゃないから」

導き出した半ばの言葉と、先程の視線、そのどちらが信じるに値するだろう。分かってはいた。分かった上で自分のいいように答えを出しただけだ。彼が灰皿に置いたままにしている煙草の灰が粉々になったのは、私が立てた溜め息から洩れた僅かな風のせいだった。

 

蝉の亡骸が地面を点々とする頃、鈴虫の声が遠方から響き集まる。

「不安になる時があるの。私のどこがいいのかなって……」

「何でいつでもそんなに自分に自信がないんだよ」

「自信がない訳じゃないの。人を前にすると分からない事が多すぎて混乱するのよ」

「そんな真理子の混乱を見て、隣りの人間も混乱するぜ」

「うん……」

「どうせ、どこがいいかなんて俺が言葉にしたって今度はその言葉の根拠を探そうとするでしょ? 意味ないよ。真理子自身も分かっているとは思うけど」

2008年6月2日公開

作品集『夕凪の部屋』第6話 (全8話)

夕凪の部屋

夕凪の部屋は1話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2008 竹之内温

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ビートニクス 恋愛 純文学 閉塞感

"夕凪の部屋(6)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る