エメーリャエンコ・モロゾフになった日

モロゾフ入門(第10話)

応募作品

諏訪靖彦

小説

4,268文字

『モロゾフ入門』の刊行を知らせにきた男から「改めてエメーリャエンコ・モロゾフとは何者か教えてほしい」と言われた。朧気な意識に覆いかぶさる遮光カーテンを一枚一枚捲りながら記憶の海に潜っていく。ああそうだ、三白がはらはらと舞う日、私はエメーリャエンコ・モロゾフになったのだ。

私は甲信地方にある小さな寒村で生まれた。そこでは起源の確かでない祭祀が、少なくとも私が村を出るまでは続いており、その内容を村の外に漏らすのは禁忌とされていた。成人後、働き口を求め村の外に出るものも多くいたが、祭祀の内容について外で話すものはいなかった。いないと思っていた。『モロゾフ入門』が刊行されると聞くまでは。

2019年5月6日公開

作品集『モロゾフ入門』第10話 (全13話)

モロゾフ入門

モロゾフ入門の全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 諏訪靖彦

これはの応募作品です。
他の作品ともどもレビューお願いします。

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"エメーリャエンコ・モロゾフになった日"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る